Information

現地記事情報配信

ph_02

ティラワ経済特区へ投資するための提案書、EU諸国ではスウェーデン1社のみが提出

2014.06.30 | 投資

タグ: , , , , , , , , , , , ,

ティラワ経済特区に投資するため、アメリカ企業1社を含む世界11カ国(タイ、シンガポール、香港、マレーシア、日本など)の企業45社が提案書を提出したが、EU諸国ではスウェーデンの1社のみだった。ティラワ開発委員長兼国家計画・経済開発副大臣Set Aung氏によると、現時点では日本と香港の有名企業が最も多く提出しており、提出企業全社に許可を与えることも考えられている。ティラワSEZ ホールディングス会長U Win Aung氏によると、ティラワ経済特区における工場建設許可は今月中に供与される予定だ。 ――NEWS WATCH, 9(4), p. 26

関連記事

【不動産】国内外の事業者、土地の長期レンタルに関し、ミャンマー開発委員会に申請が必要

国際通貨基金団体の責任者によると、改正した新投資法では、国内及び海外の事業者は、土地の長期レンタルに関して、ミャンマー開発委員会に申請が必要である。国内事業者及び海外の投資家が事業を行う土地のレンタル... 記事を読む >

今年から、外国の銀行にも事業運営許可を供与

ミャンマー中央銀行は、今年から外国の銀行に事業運営許可を供与する予定だ。外国の銀行の事業運営を許可するために、ミャンマー中央銀行、世界銀行、IMFが必要な規則や規定などを協力して作成している。現在、ミ... 記事を読む >

【運輸】ヤンゴンRegion政府は、交通制度向上の目的で、YBPCに株を追加

情報によると、ヤンゴンRegion政府は、ヤンゴンの交通制度向上を目指して、約14.7億チャットの株を追加し、Yangon Bus Public Company Ltd(YBPC)社へ、土地20エーカ... 記事を読む >

  • 2021年4月 (6)
  • 2021年3月 (3)
  • 2021年2月 (20)
  • 2021年1月 (12)
  • 2020年12月 (16)
  • 2020年11月 (16)