Information

現地記事情報配信

ph_21

【資源】30年以内に、石油・天然ガス分野及びエネルギー分野での投資が最多

2019.08.02 | 投資

タグ: , , , , , , , , , , ,

ミャンマー投資委員会(MIC)が発表した統計によると、30年間で約800億ドルの投資が許可され、中でも、石油・天然ガス分野及びエネルギー分野での投資が、最も多かった。1988~2018年度に許可された投資率は、石油・天然ガス分野27.94%、エネルギー分野26.4%、産業分野13%、運輸・通信分野13%、不動産分野6%、ホテル観光分野4%、鉱業分野3%とその他のサービス業3%である。1989~2018年度で許可された、外資及びThilawa経済特別区での外資の総額は、約820億ドルである。政府は20年間で、外国投資額2,200億ドルまでの調達を目標している。 ――WEEKLY NEWS, 14(36), p. 24

関連記事

【金融】ヤンゴン証券取引所(YSX)の株の取引が継続的に下落

2017年3月9日の、ヤンゴン証券取引所(YSX)の発表によると、同証券取引所の取引が継続的に下落している。2017年3月6日の証券取引が約3万件であったのに対し、2017年3月9日の取引は約1万件に... 記事を読む >

2014-2015年度の初めの3ヶ月で米31万トン以上を輸出、ロシアへの輸出量が最多

商務省の責任者によると、ミャンマーの米輸出量は、2014-2015会計年度の初めの3ヶ月(4~6月)で、31万トン以上であった。そのうち、10,500トン以上はロシアへ、10,400トンは中国へ、6,... 記事を読む >

【区域】国内外の投資家がPathein工業団地に5,900万ドルを投資

Ayeyawaddy Region政府によると、国内外の投資家が、Pathein工業団地の縫製工場9箇所と生活用品工場3箇所に、約5,900万ドルを投資する方針だ。Pathein工業団地1では、農業用... 記事を読む >

  • 2021年1月 (12)
  • 2020年12月 (16)
  • 2020年11月 (16)
  • 2020年10月 (12)
  • 2020年9月 (27)
  • 2020年8月 (4)