Information

現地記事情報配信

ph_22

【飲料】飲料卸売ライセンス(FL 11)が、約1,400万チャットで販売される

2019.04.12 | 投資

タグ: , , , , , , , , , , ,

政府は現在の飲料ポリシーにより、飲料販売ライセンスの発行を制限しているが、既に発行されたライセンスの内容変更(位置やライセンス種類等)については、管轄行政機関で変更手続きを行うことが可能である。新たな飲料販売ライセンスの取得が困難であるため、飲料販売業界では、既に発行された、飲料卸売ライセンス(FL 11)が約1,400万チャット、小売ライセンス(FL 12)が約1,150万チャットで販売されている。又、ライセンスを延長する場合の手数料は、FL 11が300万チャット、FL 12が150万チャット必要になる。飲料関連法律上では、飲料ライセンスが41種類あるが、事実上では32種類しか発行されていない状況である。政府は現在まで、飲料販売ライセンス約4万件を発行した。 ――NEWS WATCH, 14(2), p. 31

関連記事

【水産】ミャンマーの工場23軒からの水産品が、EUへの輸出許可取得

農業・灌漑省の漁業局は、ミャンマーの水産品輸出に関し、輸出先国の条件に基づいた品質保証のため、企業者と協力し合っている。従って、2019年から、欧州連合(EU)が定めたルールや規則に基づいて、国内工場... 記事を読む >

【法律】ミャンマー新会社法では、外資の出資比率が35%までに

ミャンマー投資委員会の責任者によると、1914年に制定されたミャンマー会社法を近代化するため、同法改正の準備を進めている。新会社法では、ミャンマー人所有の会社における外資の出資比率が35%まで可能にな... 記事を読む >

【自動車】輸入車をReconditioned基準で検査するため、日本、韓国、ドイツ等と契約

Ministry of Commerceによると、輸入自動車をReconditioned基準で検査するため、日本、韓国、ドイツ等と契約し、輸入自動車をPre Shipment Inspection C... 記事を読む >

  • 2019年4月 (8)
  • 2019年3月 (20)
  • 2019年2月 (16)
  • 2019年1月 (16)
  • 2018年12月 (16)
  • 2018年11月 (20)