Information

現地記事情報配信

ph_12

【税制】EUは、ミャンマーとカンボジアからの輸入米に対し、税金を再徴収

2019.02.08 | 投資

タグ: , , , , , , , , , , ,

1月16日に、欧州連合(EU)はミャンマーとカンボジアから輸入した米に対し、一般特恵関税制度(Generalized System of Preferences:GSP)を仮停止し、3年間税金を再徴収すると発表した。同発表により、1月18日から税金の再徴収が実施された。税金徴収の対象は、EUの輸入企業であり、1年目は1トン当たり175ユーロ、2年目は1トン当たり150ユーロ、3年目は1トン125ユーロで、徴収される予定である。ミャンマー米連盟の担当者が、「現在ミャンマーからEUへ、米約15万トン輸出しているが、税制の変更で輸出市場損失の可能性が考えられる。」と語った。 ――NEWS WEEK, 2(79), p. B

関連記事

本年度のミャンマー投資額、タイが最多

計画経済開発省の副大臣Khin San Yi氏によると、本年度内にミャンマーへ直接投資を行う国の中で、タイが最多の投資量を記録している。2013年6月末までの海外からミャンマーへの投資 総額は8.1億... 記事を読む >

【観光】Dala郡区の観光地を外国人観光客が訪問

ヤンゴンの南側の、ヤンゴン川を挟んで対岸に位置するDala郡区を訪問する外国人観光客が、増加している。Dala郡区、Dala港へのアクセスは、ヤンゴンのPansoedan港から、Cherryフェリーで... 記事を読む >

【不動産】国内外の事業者、土地の長期レンタルに関し、ミャンマー開発委員会に申請が必要

国際通貨基金団体の責任者によると、改正した新投資法では、国内及び海外の事業者は、土地の長期レンタルに関して、ミャンマー開発委員会に申請が必要である。国内事業者及び海外の投資家が事業を行う土地のレンタル... 記事を読む >

  • 2021年4月 (6)
  • 2021年3月 (3)
  • 2021年2月 (20)
  • 2021年1月 (12)
  • 2020年12月 (16)
  • 2020年11月 (16)