Information

現地記事情報配信

ph_12

【税制】EUは、ミャンマーとカンボジアからの輸入米に対し、税金を再徴収

2019.02.08 | 投資

タグ: , , , , , , , , , , ,

1月16日に、欧州連合(EU)はミャンマーとカンボジアから輸入した米に対し、一般特恵関税制度(Generalized System of Preferences:GSP)を仮停止し、3年間税金を再徴収すると発表した。同発表により、1月18日から税金の再徴収が実施された。税金徴収の対象は、EUの輸入企業であり、1年目は1トン当たり175ユーロ、2年目は1トン当たり150ユーロ、3年目は1トン125ユーロで、徴収される予定である。ミャンマー米連盟の担当者が、「現在ミャンマーからEUへ、米約15万トン輸出しているが、税制の変更で輸出市場損失の可能性が考えられる。」と語った。 ――NEWS WEEK, 2(79), p. B

関連記事

【縫製】香港企業家は、ミャンマーの生産分野及び縫製業への投資に関心あり

ミャンマー商工会議所連合会(UMFCCI)の副会長によると、香港企業家は、ミャンマーの生産分野及び縫製業での投資に、関心を持っている。ミャンマー投資に関するコンファレンスが、10月16日に香港で行われ... 記事を読む >

本年度のミャンマー投資額、タイが最多

計画経済開発省の副大臣Khin San Yi氏によると、本年度内にミャンマーへ直接投資を行う国の中で、タイが最多の投資量を記録している。2013年6月末までの海外からミャンマーへの投資 総額は8.1億... 記事を読む >

Gems & Jewellery Entrepreneurs Association、ミャンマー資源開発銀行の開設を中央銀行に申請

Myanmar Gems & Jewellery Entre-preneurs Associationが、ミャンマー資源開発銀行を開業するために中央銀行に事業運営許可を申請中だ。開発委員会の社... 記事を読む >

  • 2019年2月 (16)
  • 2019年1月 (16)
  • 2018年12月 (16)
  • 2018年11月 (20)
  • 2018年10月 (12)
  • 2018年9月 (12)