Information

現地記事情報配信

ph_18

【区域】Htan-ta-pin工業団地への投資会社が出現

2019.01.11 | 投資

タグ: , , , , , , , , , , ,

ヤンゴン市開発委員会(YCDC)管轄外の11郡区で、国際レベル工業団地の開設が予定されている。Golden Myanmar Investment社から、その内の1つであるHtan-ta-pin工業団地での投資を希望する旨について、ヤンゴンRegion国会の責任者への申し入れがあった。同件について、Kayin民族大臣が、「投資を実施するまでに時間が必要となるが、投資会社と現地住民両方に対し、効果が期待できる計画である。」と述べた。又ヤンゴン市長が、「ヤンゴンの殆どのビジネスはYCDC管轄の33郡区内にあり、開発が遅れているYCDC管轄外11郡区での工業団地開設により、同地や現地住民の生活において、発展が期待できるような計画を実施する予定だ。」と述べた。 ――NEWS WATCH, 13(38), p. 4

関連記事

トヨタ、スズキ、フランスLa Fargeが、ティラワ経済特区への投資を申し出

ミャンマー投資委員会の発表によると、日本の自動車メーカーであるトヨタおよびスズキと、フランスの自動車メーカーLa Fargeがティラワ経済特区への投資を申し出た。スズキはミャンマー政府から土地を賃貸し... 記事を読む >

【法制】国会で新投資法案が可決

ミャンマー投資委員会(MIC)の責任者によると、2016年10月の国会に投資改正法案が提出され、反対派がいなかったため、新投資改正法案が可決した。同法案は、2012年に制定された外国投資法と2013年... 記事を読む >

工業区内の事業運営ライセンスがオンラインで申請可能に

ヤンゴン市開発委員会によると、工業区内における事業運営のためのライセンスがオンラインで申請可能になった。事業者のオンライン申請書類が同委員会に届いた後、各郡区の担当者が対象事業について調査する。事業運... 記事を読む >

  • 2019年1月 (12)
  • 2018年12月 (16)
  • 2018年11月 (20)
  • 2018年10月 (12)
  • 2018年9月 (12)
  • 2018年8月 (16)