Information

現地記事情報配信

ph_18

【区域】Htan-ta-pin工業団地への投資会社が出現

2019.01.11 | 投資

タグ: , , , , , , , , , , ,

ヤンゴン市開発委員会(YCDC)管轄外の11郡区で、国際レベル工業団地の開設が予定されている。Golden Myanmar Investment社から、その内の1つであるHtan-ta-pin工業団地での投資を希望する旨について、ヤンゴンRegion国会の責任者への申し入れがあった。同件について、Kayin民族大臣が、「投資を実施するまでに時間が必要となるが、投資会社と現地住民両方に対し、効果が期待できる計画である。」と述べた。又ヤンゴン市長が、「ヤンゴンの殆どのビジネスはYCDC管轄の33郡区内にあり、開発が遅れているYCDC管轄外11郡区での工業団地開設により、同地や現地住民の生活において、発展が期待できるような計画を実施する予定だ。」と述べた。 ――NEWS WATCH, 13(38), p. 4

関連記事

【不動産】コンドミニアムを、外国人へ長期住宅ローンで販売

建設業界の情報によると、コンドミニアム法が制定され、国内のコンドミニアムを、外国人へ長期住宅ローンで販売する予定である。68Resident Developerの責任者Aung Kyaw Win氏が、... 記事を読む >

【建設】ヤンゴン市内の全ての低層および高層ビルに前政権による認可手順で建設を再許可

2016年11月23日、ヤンゴン市開発委員会建設エンジニア局の関係者によると、ヤンゴン市内の全ての低層および高層ビルに対し、前政権による認可手順で、建設を再許可する予定である。新政府は、都市開発計画と... 記事を読む >

【栽培】南Shan Stateでアボカド栽培ゾーンを開発

ミャンマーのアボカド耕作・生産機構によると、南Shan Stateで海外市場と直接接続して販売可能な、アボカド栽培ゾーンを開発する予定だ。同ゾーンの広さは25,000エーカー以上あり、農業者1,500... 記事を読む >

  • 2019年3月 (16)
  • 2019年2月 (16)
  • 2019年1月 (16)
  • 2018年12月 (16)
  • 2018年11月 (20)
  • 2018年10月 (12)