Information

現地記事情報配信

ph_17

【製造】中国企業家が、ミャンマーでの投資を要望

2018.11.30 | 投資

タグ: , , , , , , , , , , ,

ミャンマー漁業連盟副会長によると、中国企業家は、ミャンマー国内で商品を製造し、アメリカへ輸出する目的で、国内企業家に対し、問い合わせを行っている状況である。中国製品をアメリカへ直接輸出する際に、輸入税25%を請求する制度が導入されてから、中国は輸入税の脱税目的で、ミャンマーを含む輸出中間国を選択している。同件について、ミャンマー商工会議所連合会(UMFCCI)副会長が、「ミャンマーを中間国として使用することに当たっては、メリットもデメリットもあるので、深刻に検討する必要がある。」と語った。中国企業家は、インフラ及び電力のあるThilawa経済特別区を含む、工業団地等での投資を目指している。ミャンマーにおける、中国企業の投資総額は200億ドルで、外資総額の26%を占めている。 ――7DAY NEWS, 17(35), p. 38

関連記事

【金融】ヤンゴン株式市場、12月に開設を延期

海外投資家の為の、初のヤンゴン株式市場の開設は、当初10月の予定だったが、11月8日に選挙があるため、12月に延期された。ヤンゴン株式市場は、ミャンマー中央銀行、大和証券と日本証券取引所が合弁で開設す... 記事を読む >

【自動車】自動車販売センターが、月毎に輸入を許可される自動車台数が減少

自動車販売業者によると、Ministry of Commerceは、自動車販売センターに対し、月毎に輸入許可を与える自動車台数を削減した。自動車の輸入許可を申請した自動車販売センターは、実際に販売事業... 記事を読む >

【飲料】コンビニエンスストアに正式に外国産ワインの販売許可

起業者によると、コンビニエンスストアに正式に外国産ワインの販売を再許可したが、酒類販売ライセンスの取得が困難な状況である。国会での内務副大臣の発表によると、現在の政府は、1年間に酒類販売ライセンスを合... 記事を読む >

  • 2021年4月 (6)
  • 2021年3月 (3)
  • 2021年2月 (20)
  • 2021年1月 (12)
  • 2020年12月 (16)
  • 2020年11月 (16)