Information

現地記事情報配信

ph_17

【製造】中国企業家が、ミャンマーでの投資を要望

2018.11.30 | 投資

タグ: , , , , , , , , , , ,

ミャンマー漁業連盟副会長によると、中国企業家は、ミャンマー国内で商品を製造し、アメリカへ輸出する目的で、国内企業家に対し、問い合わせを行っている状況である。中国製品をアメリカへ直接輸出する際に、輸入税25%を請求する制度が導入されてから、中国は輸入税の脱税目的で、ミャンマーを含む輸出中間国を選択している。同件について、ミャンマー商工会議所連合会(UMFCCI)副会長が、「ミャンマーを中間国として使用することに当たっては、メリットもデメリットもあるので、深刻に検討する必要がある。」と語った。中国企業家は、インフラ及び電力のあるThilawa経済特別区を含む、工業団地等での投資を目指している。ミャンマーにおける、中国企業の投資総額は200億ドルで、外資総額の26%を占めている。 ――7DAY NEWS, 17(35), p. 38

関連記事

【税制】2018年国税法に制定する予定の税率に関し、交渉中

国会議員及び関係者の情報によると、2018年4月1日に制定予定の国税法の法案が、国会により認められたが、税率に関してはまだ交渉中である。法案には、不動産商売をする際、収入源が明記されない場合の所得税が... 記事を読む >

Hlaing Thayar工業区の大規模な縫製工場、Ayeyarwaddy管区へ移設

縫製工場を含む大規模な工場9軒が、Hlaing Tharyar工業区からAyeyarwaddy管区へ移設する予定である。移設する理由は、Ayeyarwaddy管区で工場を運営する場合、人件費を削減する... 記事を読む >

【資源】Puma Energy Group Pte. Ltd社、ヤンゴン国際空港の飛行機燃料販売に投資

ミャンマー石油製品公社(MPPE)とPuma Energy Group Pte. Ltd社は、ヤンゴン国際空港での飛行機燃料販売及び供給計画を、合弁で実施する。株式の所有率は、MPPE社が51%、Pu... 記事を読む >

  • 2018年12月 (4)
  • 2018年11月 (20)
  • 2018年10月 (12)
  • 2018年9月 (12)
  • 2018年8月 (16)
  • 2018年6月 (2)