Information

現地記事情報配信

ph_13

FMIと三菱商事・三菱地所が共同でホテルや事務所などを建設

2013.10.18 | 投資

タグ: , , , , , , , , , , ,

ミャンマーの大手企業Yoma Strategic傘下のFirst Myanmar Investment(FMI)社と日系企業の三菱商事・三菱地所が共同で、ヤンゴンの繁華街にホテルや住宅などを建設する予定だ。同プロジェクトの候補地はヤンゴンのTradersホテル周辺の広さ約10エーカーの土地で、敷地内に住宅、オフィス、小売店、ホテルなどを建設するランドマークプロジェクトが実施される。同プロジェクトに関して日本側は計画、デザイン、技術支援を行う。 ――EXPRESS TIMES, 3(30), p. 6

関連記事

【運輸】ヤンゴン中央駅を国際化するために行った入札の結果を12月に発表

ミャンマー鉄道局の担当者によると、ヤンゴン中央駅を国際化する目的で行った入札に、イタリア、カナダ、カタール、フランス、シンガポール、韓国、日本、マレーシア、ベトナムより、申し込みがあった。その入札結果... 記事を読む >

【法制】外国人労働者法案を企業者へ提案

Ministry of Labour, Immigration  and Populationの報道によると、「外国人労働者法」の案が完成し、まもなく外国企業者へ提案する予定である。同法案は、国際労働... 記事を読む >

【観光】雨季でもNgwe Saungビーチへ来訪する中国人観光客数が増加

雨季でも、Ayeyarwady Region、Ngwe Saung郡区、Ngwe Saungビーチへ多くの中国人観光客が訪問している。現在、雨季であるため、国内観光客数が比較的少なくなっており、来訪す... 記事を読む >

  • 2020年3月 (16)
  • 2020年2月 (20)
  • 2020年1月 (12)
  • 2019年12月 (12)
  • 2019年11月 (20)
  • 2019年10月 (12)