Information

現地記事情報配信

ph_11

【車両】販売センターに対する2011年モデルの乗用車輸入パーミット申請は、10月31日迄

2016.11.15 | 投資

タグ: , , , , , , , , , , ,

ヤンゴン自動車監視委員会の責任者によると、自動車販売センターに対する乗用車輸入パーミット申請は、2011年モデルに関しては10月31日まで、2011年モデル以降に関しては、2016年末まで受け付ける予定である。一方、個人に対する乗用車輸入パーミット申請は、2011年モデルに関しては2016年12月23日まで受け付ける予定である。輸入ライセンスの期間は、3ヶ月と定められており、延長申請は許可しない方針である。2017年からは、自動車輸入可能年式およびモデルをさらに繰り上げる予定である。 ――MYANMAR POST, 8(42), p. 8

関連記事

【電力】電力プロジェクト5件での投資に関し、外国企業約60社から提案

電力・エネルギー省の担当者によると、来年夏の停電の発生を防止するため、電力1,040メガワットを購入する予定で、電力生産工場の建設プロジェクト5件が実施される予定である。同プロジェクトには、ガス用発電... 記事を読む >

Let Khok Koneビーチの観光事業開発計画を実施予定

ホテル及び観光局によると、同局は、ヤンゴンから約34マイル、車で2時間弱の場所にあるLet Khok Koneビーチの観光事業を向上させるための開発計画を実施する予定だ。同ビーチは、自然に恵まれローケ... 記事を読む >

フィリピンの経済グループURC、ミャンマーに投資予定

フィリピンのユニバーサル・ロビナ・コーポレーション(URC)はミャンマー市場参入にあたり、3千万ドルを投資する予定だ。URCはミャンマーで年末に運営を予定している食品製造工場を建設する。URCの社長に... 記事を読む >

  • 2020年7月 (12)
  • 2020年6月 (12)
  • 2020年5月 (4)
  • 2020年4月 (4)
  • 2020年3月 (16)
  • 2020年2月 (20)