Information

現地記事情報配信

ph_14

【不動産】不動産管理サービス業に投資するために、日本企業が現地企業と協議

2016.05.10 | 投資

タグ: , , , , , , , , , , ,

Myanmar Construction Entrepreneurs Associationの副会長Ko Ko Htwe氏によると、ミャンマーの不動産管理サービス業に投資するため、日本企業3社が、Myanmar Construction Entrepreneurs Associationと協議を行った。その3社はXymax社、Bliss社、System Brain社で、今回の訪問の目的は現地調査のみであり、合弁事業に関心のある現地企業があれば、協同で事業を行うことも考慮しているとの姿勢である。同氏によると、不動産管理サービスは、国内の不動産業界で必要とされている課題であり、日本企業との合弁事業に関心のある現地企業があれば、合弁事業を実施できるよう、Myanmar Construction Entrepreneurs Associationは、できるだけサポートする予定である。 ――MODERN, 507, p. 14

関連記事

【鉄鋼】鉄鋼製造工場がミャンマーで投資

外資企業である、PEB Steel Myanmar社は、3月29日に、Thilawa経済特別区において、鉄鋼工場を開設した。工場は、3万平方メートルの敷地に、約2,500万ドルの投資で建設され、1ヶ月... 記事を読む >

【栽培】南Shan Stateでアボカド栽培ゾーンを開発

ミャンマーのアボカド耕作・生産機構によると、南Shan Stateで海外市場と直接接続して販売可能な、アボカド栽培ゾーンを開発する予定だ。同ゾーンの広さは25,000エーカー以上あり、農業者1,500... 記事を読む >

ティラワ経済特区へ投資するための提案書、EU諸国ではスウェーデン1社のみが提出

ティラワ経済特区に投資するため、アメリカ企業1社を含む世界11カ国(タイ、シンガポール、香港、マレーシア、日本など)の企業45社が提案書を提出したが、EU諸国ではスウェーデンの1社のみだった。ティラワ... 記事を読む >

  • 2020年11月 (16)
  • 2020年10月 (12)
  • 2020年9月 (27)
  • 2020年8月 (4)
  • 2020年7月 (28)
  • 2020年6月 (12)