Information

現地記事情報配信

ph_14

トヨタ、スズキ、フランスLa Fargeが、ティラワ経済特区への投資を申し出

2014.03.21 | 投資

タグ: , , , , , , , , , , ,

ミャンマー投資委員会の発表によると、日本の自動車メーカーであるトヨタおよびスズキと、フランスの自動車メーカーLa Fargeがティラワ経済特区への投資を申し出た。スズキはミャンマー政府から土地を賃貸してすでにヤンゴンで事業を開始しており、さらに今後はティラワにも事業を拡大する予定である。また、日産自動車もマレーシア企業と共同で、ミャンマーで自動車製造工場の建設を進めており、こちらは2015年に完成する見込みである。 ――MYANMAR POST, 6(11), p. 13

関連記事

【不動産】2030年までに、100万軒の住宅建設予定、購入者には日系企業より融資

建設省が2030年までに実施する、100万軒の住宅プロジェクトに関連し、ミャンマー保険公社が、8月28日に、国際保険企業のミャンマー代表企業との覚書に署名した。住宅購入者には、国営のミャンマー保険公社... 記事を読む >

国内企業がタンルイン川の島を競うように購入

国内の企業がモン州モーラミャイン市とモッタマの間のタンルイン川沿いの島々に感心を持ち、競うように購入している。40エーカーの Ko Tay島を所有しているThan Oo氏によると、2013年の半ばごろ... 記事を読む >

【金融】ミャンマー経済銀行が、中小企業向けの融資を実施予定

ミャンマー経済銀行(MEB)は、中小企業向けに、360億チャットを融資すると発表した。MEB銀行は、中小企業向けの、JICAの2ステップローンを実施するため、参加金融機関(Participating ... 記事を読む >

  • 2020年3月 (16)
  • 2020年2月 (20)
  • 2020年1月 (12)
  • 2019年12月 (12)
  • 2019年11月 (20)
  • 2019年10月 (12)