Information

現地記事情報配信

ph_13

【金融】株式売買の準備を行っている株式会社15社が、KBZSC社と契約

2016.03.16 | 投資

タグ: , , , , , , , , , , ,

ミャンマー証券取引管理委員会が、引受会社として選定した10社のうち、最初に証券取引業務ライセンスを認可された証券会社は、KBZSC、MSEC、AYA Trust、CB Securitiesの4社である。KBZSC社の責任者によると、ヤンゴン証券取引所で株式売買の準備を行っている株式会社15社は、IPO(新規公開株)の実施に向け、同社と契約を締結した。同15社とKBZSC社が協議を行った結果、最も見込みがある2社を優先に、IPOを実施する予定である。KBZSC社は、現在、First Myanmar Investment社とThilawa Sez Holding Public社などの証券取引に向け、サービス提供を開始している。 ――VOICE, 12(6), p. 33

関連記事

【電力】液化天然ガス(LNG)使用の発電所を含む外国投資8件を認可

ミャンマー投資委員会の公表によると、1月24日に開催された今年第2回の会議で、液化天然ガス(LNG)使用の発電所を含む、外国投資8件を認可した。ヤンゴンのThanlyin郡区で350メガワット生産可能... 記事を読む >

【金融】中央銀行は、外国銀行にも、国内銀行と同様なサービス提供を許可

ミャンマー中央銀行は11月8日に、国内輸出業の円滑な手続きや、必要な融資支援を目指して、国内で運営中の外国銀行に対し、国内銀行と同様に、融資やその他のサービス提供を許可すると発表した。ミャンマーでは、... 記事を読む >

【建設】ミャンマー建設起業家連盟(MCEF)は、建設企業家向けの融資を行う

ミャンマー建設起業家連盟(MCEF)は、ヤンゴンRegion、Ayeyarwaddy Region及びSagaing Regionの建設企業家に対し、融資を行う予定である。融資の対象企業は、同連盟所有... 記事を読む >

  • 2021年4月 (6)
  • 2021年3月 (3)
  • 2021年2月 (20)
  • 2021年1月 (12)
  • 2020年12月 (16)
  • 2020年11月 (16)