Information

現地記事情報配信

ph_26

【自動車】輸入車をReconditioned基準で検査するため、日本、韓国、ドイツ等と契約

2016.03.01 | 投資

タグ: , , , , , , , , , , ,

Ministry of Commerceによると、輸入自動車をReconditioned基準で検査するため、日本、韓国、ドイツ等と契約し、輸入自動車をPre Shipment Inspection Certificate(PSI)とともに提出する事が、決定した。2013年には、衝突や故障を起こし修繕した日本の自動車を輸入し、ミャンマーで改めて修繕して販売した20社が、捜査を受け逮捕された。走行距離が多い日本の自動車を輸入し、国内で走行距離を減らして販売するケースも見られたため、輸入自動車がミャンマーに到着した際の走行距離を記録し、自動車ライセンスの申請時の走行距離と一致しなければ、申請をキャンセルする方法も実施されていた。しかし、多数の自動車事業者たちの反対により、走行距離の検査は行われなくなった。 ――MYANMAR POST, 8(7), p. B

関連記事

【金融】証券取引所に加入せずに株販売を行う企業を、告発する予定

Ministry of Financeの副大臣Dr. Maung Maung Theinによると、ヤンゴンで証券取引所を開業した後、証券取引所に加入した企業だけに株販売の許可を与える予定で、証券取引所... 記事を読む >

無許可で建設された建築物に電力を供給しないとヤンゴン市開発委員会の関係者が表明

ヤンゴン市開発委員会傘下のBuilding Departmentの局長Than Htay氏によると、近年ヤンゴンでは、同局からの建設許可を取得せずに建設された建築物が増加し、政府は、そのような建築物に... 記事を読む >

【法律】100日政策期間中に、外国人労働者法案を議会に提出

ミャンマー労働者・入国管理及び人口局の関係者によると、近年の海外投資の増加に伴い、国内の外国人労働者も増加している状況において、現在、外国人労働者を管理する法律が無いため、同局の100日政策期間中に、... 記事を読む >

  • 2021年4月 (6)
  • 2021年3月 (3)
  • 2021年2月 (20)
  • 2021年1月 (12)
  • 2020年12月 (16)
  • 2020年11月 (16)