Information

現地記事情報配信

ph_25

【観光】観光分野発展に向けて、3年間計画を日本とミャンマーが共同で実施

2016.01.27 | 投資

タグ: , , , , , , , , , , , , ,

ミャンマーホテル及び観光局の関係者によると、日本とミャンマーが共同で、両国の観光分野の発展に向けて、3年間計画を実施する予定である。同計画にために、同局と日本のTokyo Metropolitan Assembly Federation for Japan-Myanmar Friendshipが、覚書への署名を行った。同覚書によると、人材育成の発展に向け、日本の大学でホテル及び観光コースや語学コースを学ぶための奨学金支援、日本のホテル管理事業者との商談及び協議、ミャンマーホテル分野への投資増加に対する支援などを行う予定である。 ――MYANMAR POST, 8(2), p. 7

関連記事

【飲料】飲料卸売ライセンス(FL 11)が、約1,400万チャットで販売される

政府は現在の飲料ポリシーにより、飲料販売ライセンスの発行を制限しているが、既に発行されたライセンスの内容変更(位置やライセンス種類等)については、管轄行政機関で変更手続きを行うことが可能である。新たな... 記事を読む >

【人材】海外投資事業により、Dawei市の不動産価格が上昇

Dawei市の不動産事業者によると、Dawei市の海外投資事業により、同市の不動産の販売価格及び賃貸価格が上昇している。賃貸事業者によると、不動産販売及び賃貸価格が上昇したのは、2016年における海外... 記事を読む >

【不動産】外国人へのコンドミニアム販売が可能になり、コンドミニアム価格が値上がり

Young Developer Association(YDA)のMyo Myint会長によると、12月上旬に発表されたコンドミニアム法により、外国人へのコンドミニアム販売が可能となるため、コンドミニ... 記事を読む >

  • 2021年4月 (6)
  • 2021年3月 (3)
  • 2021年2月 (20)
  • 2021年1月 (12)
  • 2020年12月 (16)
  • 2020年11月 (16)