Information

現地記事情報配信

ph_07

【電力】IFC、Mandalay Regionのガス火力発電所計画に400万ドルを融資

2015.10.26 | 投資

タグ: , , , , , , , , , , ,

国際金融公社(IFC)のホームページによると、同社は、Mandalay Regionのガス火力発電所計画に、400万ドルを融資する予定である。同発電所の建設は、シンガポールに拠点をおくSembcorp Utilties社と、ミャンマーのMMID Utilities社などの企業連合が、担当する。2016年1月~3月に計画を開始し、建設完了までは約2年の見込みで、2018年1月~3月に稼働する予定である。同発電所の総出力は225メガワットで、ガスタービン2基、排熱回収装置、蒸気タービンや排水処理システムなどで構成される予定である。 ――MYANMA ALINN, 55(013), p. 3

関連記事

宝石最終製品の製造が可能になったため、国際市場への参入を目指す

ミャンマー大統領は4月23日にネピドーのシュエチャーピン宝石マーケット(Shwe Kyar Pin finished gems and jewellery market)の最終品市場を訪問した。ミャン... 記事を読む >

【不動産】不動産展示会を通して756億チャット以上の取引が行われた

iMyanmarHouse.comによって発表された記録によると、2016年内に行われた不動産展示会を通して、756億チャット以上相当のコンドミニアム、一般住宅、一戸建て住宅、土地の取引が行われた。同... 記事を読む >

【衛生】ヤンゴン市内給水業の関心表明書を33社が購入

ヤンゴン市開発委員会(YCDC)の担当者によると、ヤンゴン市内給水業に関し、官民パートナーシップ(PPP)制度での、実施に関する関心表明を呼びかけた結果、国内外企業33社から、関心表明書の購入があった... 記事を読む >

  • 2021年4月 (6)
  • 2021年3月 (3)
  • 2021年2月 (20)
  • 2021年1月 (12)
  • 2020年12月 (16)
  • 2020年11月 (16)