Information

現地記事情報配信

ph_12

【飲料】コンビニエンスストアに正式に外国産ワインの販売許可

2015.05.04 | 投資

タグ: , , , , , , , , , , ,

起業者によると、コンビニエンスストアに正式に外国産ワインの販売を再許可したが、酒類販売ライセンスの取得が困難な状況である。国会での内務副大臣の発表によると、現在の政府は、1年間に酒類販売ライセンスを合計40,000以上許可している。同ライセンスは41種類あったが、2014-2015年会計年度には28種類しか許可しておらず、毎年同ライセンスの種類を減らす方針である。あるレストランのオーナーによると、酒類販売ライセンスの申請が年々難しくなり、時間がかかるため、海外から高価格で購入しているという。小売団体の関係者によると、ワインの販売ライセンスの密購入価格は、800万~1,200万チャットである。 ――7DAY NEWS, 14(7), p. 27

関連記事

Gems & Jewellery Entrepreneurs Association、ミャンマー資源開発銀行の開設を中央銀行に申請

Myanmar Gems & Jewellery Entre-preneurs Associationが、ミャンマー資源開発銀行を開業するために中央銀行に事業運営許可を申請中だ。開発委員会の社... 記事を読む >

【法律】ミャンマー国民法と外国人投資法を融合した、新法律を国会に提出

投資拡大局の責任者によると、ミャンマー国民法と外国人投資法を融合した新法律を、新政権が、政権交代後に行われる国会で、提出する予定である。新法律に向け、国内や海外の投資家及び法律専門家などが、何度も協議... 記事を読む >

ソフトウェア事業に貿易法律を定める計画

現在ミャンマーではソフトウェアは貿易品に含まれていないが、今後、ミャンマーはソフトウェアを貿易品目として取り入れ、ソフトウェア用の貿易法律を定める計画だ。同計画の実現に向けて、ミャンマー政府は各省の担... 記事を読む >

  • 2021年4月 (6)
  • 2021年3月 (3)
  • 2021年2月 (20)
  • 2021年1月 (12)
  • 2020年12月 (16)
  • 2020年11月 (16)