Information

現地記事情報配信

ph_06

【不動産】国内外の事業者、土地の長期レンタルに関し、ミャンマー開発委員会に申請が必要

2015.04.22 | 投資

タグ: , , , , , , , , , , ,

国際通貨基金団体の責任者によると、改正した新投資法では、国内及び海外の事業者は、土地の長期レンタルに関して、ミャンマー開発委員会に申請が必要である。国内事業者及び海外の投資家が事業を行う土地のレンタルに関して、同土地の個人所有者及び政府所有が、関係局と協議を行って期間を決める。外国人の土地のレンタルに関しては、第一段階は50年、第二段階は10年、第三段階は10年と、延長が可能である。ミャンマー開発委員会に申請して事業を行った場合、5年間免税される。 ――MYANMAR POST, 7(13), p. 5

関連記事

【製造】中国企業家が、ミャンマーでの投資を要望

ミャンマー漁業連盟副会長によると、中国企業家は、ミャンマー国内で商品を製造し、アメリカへ輸出する目的で、国内企業家に対し、問い合わせを行っている状況である。中国製品をアメリカへ直接輸出する際に、輸入税... 記事を読む >

【電力】ごみ焼却発電のため入札再開

5月12日のヤンゴン市開発委員会汚染管理清掃局担当者の発言によると、ヤンゴンの最終処分場であるHlaing Thayar郡区のHtain Pinと、北Dagon郡区のDawei Chaungに排出され... 記事を読む >

Let Khok Koneビーチの観光事業開発計画を実施予定

ホテル及び観光局によると、同局は、ヤンゴンから約34マイル、車で2時間弱の場所にあるLet Khok Koneビーチの観光事業を向上させるための開発計画を実施する予定だ。同ビーチは、自然に恵まれローケ... 記事を読む >

  • 2021年4月 (6)
  • 2021年3月 (3)
  • 2021年2月 (20)
  • 2021年1月 (12)
  • 2020年12月 (16)
  • 2020年11月 (16)