Information

現地記事情報配信

ph_05

タイ・ミャンマー間の貿易成長のために、Mae Sot市に新たな経済特別区を開発

2014.10.27 | インフラ

タグ: , , , , , , , , , , ,

10月11日のCNAニュースによると、タイ・ミャンマー間の貿易成長のために、Mae Sot市が、新たな経済特別区の開発候補地として選定された。同経済特別区の開発は、2015年に始動する見込みである。Mae Sot市は、ミャンマーとタイの国境付近に位置しており、同地域に所在する多数の工場で、多くのミャンマー人労働者が雇用されている。タイの運輸省の副大臣は、同経済区完成後、労働者を多く雇用する必要があるタイの企業が、主に同区に移動してくることが予想され、ミャンマー人労働者を雇用することで利益の獲得が期待される、と発言した。 ――MYANMAR POST, 6(40), p. 12

関連記事

【不動産】国内のホームレス向けのアパート建築計画に640億チャットを投資

ヤンゴンRegion総理大臣によると、同Region政府は、長期分割払いで販売するホームレス向けのアパート建設計画に関し、640億チャットを投資する予定だ。副大統領とMIC機構事業者らの交渉会によると... 記事を読む >

【交通】ヤンゴン駅を中心に東から西、南から北へ運行する地下鉄2本を敷設する予定

Ministry of Railways Transportationによると、ヤンゴン駅を中心に、東から西、南から北へ運行する地下鉄2本を、敷設する予定だ。同計画に関して、JICAがヤンゴン駅の鉄道... 記事を読む >

【電力】ノルウェーの会社がThaton工業団地に太陽光発電所を建設

10月12日のMinistry of Electricity and Energyによると、来年、ノルウェーの会社がThaton工業団地に太陽光発電所を建設する予定である。同省の担当者によると、ミャン... 記事を読む >

  • 2021年4月 (6)
  • 2021年3月 (3)
  • 2021年2月 (20)
  • 2021年1月 (12)
  • 2020年12月 (16)
  • 2020年11月 (16)