Information

現地記事情報配信

ph_20

【港湾】Sagaing Regionで港を整備

2020.10.02 | インフラ

タグ: , , , , , , , , , , ,

Ministry of Transport and Communications、Directorate of Water Resources and Improvement of River SystemsのToe Aung Lin課長は、「Sagaing RegionのAyeyarwaddy川にあるMagway港、Pakkoku港、Bamawa港と、Chin Dwin川にあるKalewa港とMonywa港を整備する予定である。現在、上記の港には、高度な機械や荷役装置がなく、インフラ整備が不十分であるため、同港を整備し、水運送の開発と輸送分野の円滑化を図り、経済・貿易分野開発に貢献する予定である。同港の整備は、優先インフラ整備プロジェクトであり、プロジェクトバンクのリストにも含まれている。官民連携システムで実施する予定である。見積費用は、Magway港3,300万ドル、Pakkoku港4,700万ドル、Bamaw港3,400万ドル、Kalewa港2,400万ドルとMonywa港4,400万ドルである。入札については、協議する必要がある。同整備工事は、2020年度に開始し、2023年度までに完成する予定である。」と語った。 ――FIRST WEEKLY, 10(443), p. B

関連記事

ヤンゴン工科大学とマンダレー工科大学の拡充にJICAが13億5千万ドル

2013年10月4日、ミャンマー科学技術省下にあるヤンゴン工科大学とマンダレー工科大学の拡充に向け、国際協力機構JICAが5年間で13億5千万ドルを支援する合意書に調印した。これら2校の教育の整備、必... 記事を読む >

【交通】ミャンマーの国内空港3ヵ所における、空港管制レーダー整備を、日本が支援

Department of Civil Aviationによると、ミャンマーの国内空港であるヤンゴン、MandalayとNay Pyi Taw空港における飛行機監視システムの改良に向けて、航空管制レー... 記事を読む >

【区域】Sistway市Kalatan川付近に韓国の投資で新たに国際的な街を建設

BXT International Co.Ltdの社長Myo Min氏によると、Sistway市、Kalatan川の西方向に、Rakhine State政府と韓国のBXT International ... 記事を読む >

  • 2020年10月 (8)
  • 2020年9月 (27)
  • 2020年8月 (4)
  • 2020年7月 (28)
  • 2020年6月 (12)
  • 2020年5月 (4)