Information

現地記事情報配信

ph_13

【交通】ヤンゴン-バンコク間を、自動車でアクセス可能になるプロジェクトを開始

2020.09.17 | インフラ

タグ: , , , , , , , , , , ,

Ministry of ConstrucionのKyaw Linn副大臣は、「ヤンゴンからバンコクまで、自動車でのアクセスがおよそ9時間で可能になるBago-Kyaikhto高速道路プロジェクトを、Asia Development Bank(ADB)の借款で実施する予定である。実施費用は、4億8,380万ドルである。ヤンゴンのThilawa地区からMyawaddy国境まで4時間半、バンコクからMyawaddy国境まで4時間半でアクセス可能になる。同道路上のKyaikhto郡区でバイパス道路を建設中で、Thaton郡区でもパイパス道路を建設する予定である。同高速道路の完成後は、ヤンゴン東側に経済回廊ができ、タイ、ラオス、カンボジア、ベトナム等の国が、ヤンゴンのThilawa地区にある海への出口を利用して、国をまたいでの円滑的な物品の輸送が可能になる。同道路の傍らで経済地区、倉庫や内陸ポート等も開発されるので、同経済回廊上に位置する町も発展し、就職機会が創出される。」と語った。 ――PYI MYANMAR, 1237, p. 15

関連記事

【区域】中国-ミャンマー国境経済地区のうち、Ruili-Museゾーンの開発を開始

Ministry of CommerceのAung Htoo副大臣は、「中国-ミャンマー国境経済地区プロジェクト3件のうち、Ruili-Museゾーンの開発を最初に実施する。中国・ミャンマー間で枠組み... 記事を読む >

【交通】ヤンゴン市内で新たなスカイ電車の環状線を建設

ヤンゴン市で、新たなスカイ電車が運行する環状線の線路と、自動車用の道路を2段で建設する計画が進行中である。同環状線では、Kyi Myint Tine駅やMa Hlwa Kone駅のような大規模な駅を建... 記事を読む >

タイ・ミャンマー間の貿易成長のために、Mae Sot市に新たな経済特別区を開発

10月11日のCNAニュースによると、タイ・ミャンマー間の貿易成長のために、Mae Sot市が、新たな経済特別区の開発候補地として選定された。同経済特別区の開発は、2015年に始動する見込みである。M... 記事を読む >

  • 2020年10月 (8)
  • 2020年9月 (27)
  • 2020年8月 (4)
  • 2020年7月 (28)
  • 2020年6月 (12)
  • 2020年5月 (4)