Information

現地記事情報配信

ph_05

Tadaooホテルゾーン開発計画、10月に始動の見込み

2014.07.07 | インフラ

タグ: , , , , , , , , , , , ,

Mandalay管区Tadaooホテルゾーン開発計画は、今年10月に始動の見込みである。Myanmar Tourism Development Public Companyの社長Myint Aung氏によると、同開発計画の候補地の広さは5,000エーカーで、現時点で1,750エーカーの所有者に1エーカーあたり700万チャットの補償額が支払われた。現在、同ホテルゾーンへの投資を希望する国内企業家の提案を受け付けており、今後は外国企業による外国直接投資も許可する予定である。同ホテルゾーンはMandalay管区Tadaoo郡区Kuutohseik村にて開発される予定で、Mandalay市から14.27マイル、Sikkaing市から5.46マイル、Amarapura市から6マイル離れた所に位置している。 ――POPULAR NEWS, 6(25), p. 14

関連記事

【輸送】ミャンマー空港の利用料金が値上げ

2015年4月1日より、ミャンマー空港の施設利用料金が値上げされた。国内線を利用する乗客に対しては、1,000チャットから2,000チャットに、国際線を利用する乗客に対しては、10ドルから15ドルに値... 記事を読む >

【電力】ゴミ焼却発電所を発明し2017年4月に稼働開始

Ministry of Electric Power and Energyによると、ミャンマーで、ゴミ焼却発電所を発明し、2017年2月に建設完成させるために、計画を実施する予定だ。同発電所の建設は、... 記事を読む >

【区域】ヤンゴン市エリア外の11郡区に、工業団地を開設予定

ヤンゴン市開発委員会(YCDC)が主導し、新たな工業団地を、ヤンゴン市エリア外の11郡区に開設する予定である。ヤンゴンRegion政府の担当者は、「ヤンゴン市エリア内にある郡区だけが開発されているので... 記事を読む >

  • 2021年4月 (6)
  • 2021年3月 (3)
  • 2021年2月 (20)
  • 2021年1月 (12)
  • 2020年12月 (16)
  • 2020年11月 (16)