Information

現地記事情報配信

ph_13

【不動産】不法占拠者向けの低価格住宅をPun Hlaing川の向こう側で建設予定

2020.03.06 | インフラ

タグ: , , , , , , , , , , ,

1月29日に開催されたYangon Region国会で、同Region政府が管理しているYangon Metropolitan Development Public(YMDP)社の目標に入っている、不法占拠者の再定住スケジュールに対するKyaw Zeya議員の質問に対し、同Region政府のMinister of Electricity, Industry, Transport and CommunicationのNilar Kyaw大臣は、「Hlaing Thar Yar郡区と隣接しているPun Hlaing川の向こう側にあるTwante郡区の土地2,400エーカーで、不法占拠者向けに、分割払い可能な低価格住宅26,182ユニットの建設を実施する予定である。2017年に、YMDP社はマレーシアのBerjaya Land Berhad社と、覚書と枠組み合意書に署名して、プロジェクト事前調査と土地許可に関する手続きを行っている。同プロジェクトをMinistry of ConstructionのDepartment of Urban and Housing Development(DUHD)が担当していて、現在、連邦政府の許可を待っている。その次、Myanmar Investment Commission(MIC)の認可を取得する予定である。」と返答した。 ――NEWS WATCH, 14(46), p. 17

関連記事

【不動産】複合用途の住宅開発プロジェクトHilton Times City Yangonを実施

複合用途の住宅開発プロジェクトであるHilton Times City Yangonを、2022年までに実施する予定である。308ユニットある住宅の他、同プロジェクトの一環として、高級ホテル、サービス... 記事を読む >

【不動産】Mandalay Regionで37億チャットを利用して、公務員住宅12軒を建設

Mandalay Region政府の基金37億チャットを利用して、2019年度に、同Regionで、公務員住宅12軒を建設する予定である。1階に650平方フィートの部屋4ユニット付きの4階建て住宅を1... 記事を読む >

【運輸】ヤンゴン環状線の利用客が増加したため、電車10台を増便

Myanma Railwaysによると、ヤンゴン環状線の利用客が増加したため、電車10台を増便した。利用客増加の原因は、現政権下で新たなバス会社によるバス運行を開始した日から、電車の乗客数が増加したこ... 記事を読む >

  • 2020年5月 (4)
  • 2020年4月 (4)
  • 2020年3月 (16)
  • 2020年2月 (20)
  • 2020年1月 (12)
  • 2019年12月 (12)