Information

現地記事情報配信

ph_11

【電力】Thilawa地区で、1,250MW電力発電プロジェクトを開始

2020.02.07 | インフラ

タグ: , , , , , , , , , , ,

MAPCO社のExecutive Officer Han Thaw Zay氏によると、日本とミャンマー企業が協力して、Thilawa地区で1,250MW電力発電所プロジェクトを実施する予定である。液化天然ガス(LNG)を利用する発電所プロジェクトと、LNGターミナルの建設を実施する。ミャンマー側からはMAPCO、Eden Group、MEICO、MAGDP社が、日本側からは住友、三井、丸紅社が参加する。LNGをシンガポール、マレーシア、インドネシアから購入する予定だ。工事は2020年3月から開始し、30ヵ月間かけて実施する。Thilawa経済特区の27、28、29プロットでターミナルを建設し、発電事業を船上で実施する予定である。同プロジェクトは政府間のプロジェクトであり、現在、両政府間で協議を行っている。 ――MYANMAR TIMES, 48(962), P. 14

関連記事

【架橋】中国-ミャンマーを繋ぐ世界最長の鉄道橋、Thanlwin架橋計画を開始

People’s Dailyのニュースによると、中国とミャンマーの鉄道を繋ぐThanlwin架橋計画が開始された。計画が完了すると、同架橋は、世界最長の鉄道橋になる。中国西南、Yu Nang州、Shi... 記事を読む >

【区域】Mingalardon町で海外の投資事業者を招待して新たな経済特区を建設

Ministry of ConstructionのDepartment of Human Settlement & Housing Developmentによると、海外の投資事業者を招待し、M... 記事を読む >

【衛生】汚水の衛生工場建設と汚水処理システムのため、Master Planを実施

Ministry of Constructionによると、同省庁とJICAが協力して、ヤンゴン市内で汚水の衛生工場建設と汚水処理システムを実施するため、Master Planを作成して6地区内で実施す... 記事を読む >

  • 2020年7月 (12)
  • 2020年6月 (12)
  • 2020年5月 (4)
  • 2020年4月 (4)
  • 2020年3月 (16)
  • 2020年2月 (20)