Information

現地記事情報配信

ph_11

【電力】Thilawa地区で、1,250MW電力発電プロジェクトを開始

2020.02.07 | インフラ

タグ: , , , , , , , , , , ,

MAPCO社のExecutive Officer Han Thaw Zay氏によると、日本とミャンマー企業が協力して、Thilawa地区で1,250MW電力発電所プロジェクトを実施する予定である。液化天然ガス(LNG)を利用する発電所プロジェクトと、LNGターミナルの建設を実施する。ミャンマー側からはMAPCO、Eden Group、MEICO、MAGDP社が、日本側からは住友、三井、丸紅社が参加する。LNGをシンガポール、マレーシア、インドネシアから購入する予定だ。工事は2020年3月から開始し、30ヵ月間かけて実施する。Thilawa経済特区の27、28、29プロットでターミナルを建設し、発電事業を船上で実施する予定である。同プロジェクトは政府間のプロジェクトであり、現在、両政府間で協議を行っている。 ――MYANMAR TIMES, 48(962), P. 14

関連記事

地価の高騰により、外国企業がホテル業への投資に尻込み

ホテル営業者たちは、「ミャンマーの地価が非常に高くなっているため、外国企業がミャンマーのホテル業への投資に尻込みしている」と述べた。ミャンマーの観光産業発展のためにはさらに多くの5つ星ホテルが必要だが... 記事を読む >

【区域】10億ドルを利用して、Yangon Amata Smart and Eco Cityを実施

10億ドルを利用し、ヤンゴンRegionの2,000エーカーの土地でYangon Amata Smart and Eco City計画を実施するため、Ministry of Construction,... 記事を読む >

【区域】YCDC管轄外の12町で、経済発展に向けた小規模な工場特区を建設予定

ヤンゴンRegionの総理大臣によると、ヤンゴンRegion内の工場特区を改善し、ヤンゴン市開発委員会(YCDC)の管轄外の12町において、経済発展を目的とする小規模な工場特区を、建設する予定だ。同大... 記事を読む >

  • 2020年3月 (12)
  • 2020年2月 (20)
  • 2020年1月 (12)
  • 2019年12月 (12)
  • 2019年11月 (20)
  • 2019年10月 (12)