Information

現地記事情報配信

ph_20

【交通】Paletwa郡区からインド国境までの2車線道路建設担当企業にインドのRPP社を選定

2019.11.01 | インフラ

タグ: , , , , , , , , , , ,

Chin State政府のMinister of Municipal Affairs, Electricity and IndustryであるSoe Htet氏によると、Kaladan 川プロジェクトの一環として、インド政府からの5,800万ドルの支援により、Paletwa郡区からインド国境までの約109キロメートルの区間で、2車線道路を建設する予定である。担当企業として、インドのRPP Infra Project社が選定された。同社はインドで、道路、橋、インフラ建設を行っている大手企業である。Kaladan川プロジェクトでは、インドとミャンマー間を、水路と陸路で2020年までに接続する予定である。Rakhine StateのSittwe郡区からKaladan川経由でChin StateのPaletwa郡区までを接続し、Paletwa郡区から陸路でインドのMizoram町までを接続する予定である。予定していた港2ヵ所と道路の建設のうち、港の建設が完了したので、道路建設を開始する予定である。 ――NEWS WEEK, 2(16), p. Q

関連記事

【市場】ヤンゴンナイトマーケットが10月に再開される

第1Kyauktada選挙区のKyi Pyar議員は、「整備中のヤンゴンナイトマーケットが、10月よりオープンする予定だ。同ナイトマーケットは、Sule Pagoda 道路-Pansodan道路間で、... 記事を読む >

Ngamoeyeik橋とMyaynigone架橋の建設工事が年内開始予定

ヤンゴン管区政府の計画・経済大臣Than Myint氏によると、Ngamoeyeik橋、Myaynigone架橋の年内建設工事について、建設会社に入札参加の募集を行う予定だ。現時点における入札募集の日... 記事を読む >

【区域】Kyaut Phyu SEZの開発を新政府交代後に開始する場合の、現入札に関する問題点

Kyaut Phyu SEZ管理委員会は、12月12日の社会通信を通して、同SEZの開発を、現政府期間中に必ず開始するべきであるとコメントした。その理由として、同SEZは国際入札システムであるため、新... 記事を読む >

  • 2020年2月 (8)
  • 2020年1月 (12)
  • 2019年12月 (12)
  • 2019年11月 (20)
  • 2019年10月 (12)
  • 2019年9月 (16)