Information

現地記事情報配信

img_banner_sp

【区域】Thilawa経済特区への投資が、6年間で19か国から約20億ドルを記録

2019.08.16 | インフラ

タグ: , , , , , , , , , , ,

Thilawa SEZ Management Committeeによると、2013年から現在までの6年間で、Thilawa経済特区に、19か国から18億ドルの投資があった。同Committeeの担当者は、「同特区で、19か国の企業112社に対し、ビジネスを許可している。その中で、74社は既にビジネスを開始していて、18社は輸出等も行っており、他の企業はビジネスを開始するため準備中である。正規労働者や建設労働者等が2万人以上もいる。」と語った。7月18日に、Henry Van Thio副大統領は、同特区を視察し、「同特区の成功は国の経済開発のためだけではなく、国の象徴でもある。」と語った。同特区でのビジネス運営を円滑化するため、政府関連の11部署を含むOne Stop Service Centreも開設された。 ――PYI MYANMAR, 1187, p. 13

関連記事

三菱商事、丸紅、住友商事がティラワ経済特区の基盤開発を開始

三菱商事、丸紅、住友商事の3社は、ティラワ経済特区でインフラ開発事業を行うために共同事業体を設立した。当事業体は1億7千万ドルを費やしてティラワ経済特区の道路、下水システム、配電網などを設置する予定で... 記事を読む >

ミャンマー南部Maw Taung国境、8月から24時間の電力供給が可能に

電力供給計画を担当しているFoe Thee Cho社の責任者は、タインダーリ管区Myeik郡区にあるタイとミャンマーの国境ゲートMaw Taungで、8月から24時間の電力供給が可能になると述べた。M... 記事を読む >

全アセアン諸国との連絡道路が2015年までに建設

アセアン関係局東南アジア諸国連合ミャンマー担当社副局長U Myint Thu氏によれば、アセアン諸国との間で未建設となっている連絡道路を2015年までに建設する計画が進められている。ミャンマーが関連す... 記事を読む >

  • 2020年10月 (8)
  • 2020年9月 (27)
  • 2020年8月 (4)
  • 2020年7月 (28)
  • 2020年6月 (12)
  • 2020年5月 (4)