Information

現地記事情報配信

img_09

【区域】Kyauk Phyu経済特区プロジェクトは2020年以降に実施開始

2019.08.02 | インフラ

タグ: , , , , , , , , , , ,

Ministry of CommerceのDr. Than Myint大臣は、「コンサルタント企業は、環境・社会影響評価を行うため、第3者を雇うべきだと言っている。評価をするためは、Ministry of Resources and Natural Environmental Conservationへ申請する必要がある。評価手続きが完成してから、ファイナルデザインの作成が可能になる。建設事業は、2020年以降に開始できる。環境・社会影響評価では、水上や地上等の詳細調査や費用の見積り等を行うので、約1年間半を要する。同プロジェクトを実施するため、CITIC社、ミャンマー政府と民間企業が費用を負担して、コンサルタント企業を雇った。」と語った。同プロジェクトは、約50万人以上の就職機会を創出可能で、4,000エーカー以上の土地で実施する。3フェーズに分けて実施し、フェーズ1で13億ドルを投資して、深海港2港を建設する予定である。 ――PYI MYANMAR, 1185, p. 7

関連記事

ミャンマーのe-Government開発事業をインドが支援

ミャンマーのe-Government開発事業に関し、インド第2位のIT技術会社・infosys社が技術支援を行うことがわかった。同社の責任者とミャンマー政府は、同計画の実施に向けすでに協議を行っている... 記事を読む >

【橋梁】3年間でミャンマーの橋梁69基をインド政府の援助を受けて建設

ミャンマーのTamu-Kyigone-Kalewa道路上に、橋69基を建設するために、インド政府が資金面での援助を行う予定である。インドの首相Narendra Modi氏が参加した、12月30日開催の... 記事を読む >

【電力】ヤンゴン環状線とヤンゴン-Mandalay鉄道線のために、1,000KV変電所を建設

Myanma Railwaysによると、ヤンゴン環状線全体、及びヤンゴン-Mandalay鉄道線のヤンゴン-Taungoo区間の整備と、シグナリングシステム整備プロジェクトのために、1,000KVのM... 記事を読む >

  • 2019年12月 (8)
  • 2019年11月 (20)
  • 2019年10月 (12)
  • 2019年9月 (16)
  • 2019年8月 (16)
  • 2019年7月 (12)