Information

現地記事情報配信

ph_01

Myeik経済地区計画の一環で2,000載貨重量トンの貨物船が寄港可能な港開発プロジェクト始動予定

2014.06.30 | インフラ

タグ: , , , , , , , , , , , ,

Myeik Future Development Public Co., Ltdの責任者によると、Tanintharyi管区Myeik郡区Kalwin村落のKantharyar村で、Myeik経済地区(Myeik Economic Zone)開発計画が実施される予定だ。同計画には2,000載貨重量トンの貨物船が寄港可能な港を開発するプロジェクトが含まれており、それ以外にも経済及び貿易区、商業施設ゾーン、住宅団地、工業区、運動場並びにレクリエーションゾーンなどの開発も含まれる。 ――POST GLOBAL, 164, p. 13

関連記事

【交通】ヤンゴン市内で新たなスカイ電車の環状線を建設

ヤンゴン市で、新たなスカイ電車が運行する環状線の線路と、自動車用の道路を2段で建設する計画が進行中である。同環状線では、Kyi Myint Tine駅やMa Hlwa Kone駅のような大規模な駅を建... 記事を読む >

【区域】Dala地区に新規の経済特区が開発される傾向

Ministry of Hotels and Tourismの大臣によると、ヤンゴンRegionで開発が進行中のティラワ経済特区に加え、ヤンゴン川の対岸に位置するDala地区でも、新たな経済特区が開発... 記事を読む >

【交通】ヤンゴン外環状線が4年以内に完成予定

ヤンゴン外環状線が、4年以内に完成する予定である。同環状線は、全長69キロメートルで、6車線で、見積費用は約10億ドルである。同環状線は、Thilawa地区、ヤンゴン-Mandalay高速道路、Min... 記事を読む >

  • 2021年4月 (6)
  • 2021年3月 (3)
  • 2021年2月 (20)
  • 2021年1月 (12)
  • 2020年12月 (16)
  • 2020年11月 (16)