Information

現地記事情報配信

ph_09

【IT】ミャンマー所有の衛星打ち上げについて、日・ミャンマーが協議中

2019.05.31 | インフラ

タグ: , , , , , , , , , , ,

Ministry of Transport and CommunicationsのWin Khant事務次官は、同省の3年間計画に関する記者会見で、「ミャンマー衛星システムの第3フェーズとして、ミャンマー所有の地球観測衛星を打ち上げるため、日本の北海道大学とミャンマーのMyanmar Aerospace Engineering University (MAEU)間で協議を行っている。2019年度に実施を開始する。第1フェーズとしては、CondosatシステムのMyanmar Sat1 Condosat衛星用に、Intelsat Satellite Operatorより、衛星チャネル360MHzを、2016年5月27日から5年間リースしている。第2フェーズとしては、同Operatorが2019年8月に打ち上げる衛星で、破棄し得ない使用権の投資をし、Myanmar Sat2として衛星チャネル864MHzを2019年11月から同衛星の期限が切れるまでの15年間、利用可能になる。」と語った。 ――MODERN, 664, p. 3

関連記事

【電力】Myitta河の貯水池計画、2017年に完了

Magway Region、Gangaw市に建設中のMyitta貯水池計画が、2017年に完了する。同計画は、同市近郊の村を南北に流れるMyitta河を堰き止めるもので、地方灌漑局や同Regionの建... 記事を読む >

【区域】2018年にPathein港湾の工場都市の建設を完成

Ayeyarwady発展の公共事業によると、2018年までに1億ドルを使用して、Ayeyarwady Regionの、Pathein町とKan Gyi Htaunt町の間に、Pathein港湾の工場都... 記事を読む >

【区域】ミャンマー最大のHlaing Thar Yar工場特区を経済特区に再開発

ヤンゴンRegion総理大臣によると、Hlaing Thar Yar町にあるミャンマー最大のHlaing Thar Yar工場特区を、Thilawa経済特区と同様な形の経済特区に、再開発する。そのため... 記事を読む >

  • 2019年9月 (8)
  • 2019年8月 (16)
  • 2019年7月 (12)
  • 2019年6月 (16)
  • 2019年5月 (16)
  • 2019年4月 (12)