Information

現地記事情報配信

ph_23

外航船が寄港可能になるよう、ヤンゴンで6港の拡大工事を実施

2014.06.13 | インフラ

タグ: , , , , , , , , , ,

ミャンマー運輸省傘下のミャンマー港湾公社(Myanmar Port Authority)は、ミャンマー最大の商業都市ヤンゴンに外航船が寄港できるよう、6港の拡大工事を実施中である。対象の6港は、ミャンマー木材公社(Myanmar Timber Enterprise)の所有地にある3港、Ahlone造船所の港、Thein Phyu造船所の港、第6製材所の港である。現在、ヤンゴンで外航船が寄港可能な港数箇所には最新の設備が少なく、世界諸国と海上貿易を行う際の利便性を向上させるためにも、6港を国際基準に達するよう改善していく予定だ。 ――MYANMA ALINN, 53(243), p. 5

関連記事

【区域】YCDC管轄外の12町で、経済発展に向けた小規模な工場特区を建設予定

ヤンゴンRegionの総理大臣によると、ヤンゴンRegion内の工場特区を改善し、ヤンゴン市開発委員会(YCDC)の管轄外の12町において、経済発展を目的とする小規模な工場特区を、建設する予定だ。同大... 記事を読む >

【区域】ヤンゴン市の発展計画では、Yankin町、北Dagon町、Thanlyin町を副都心に選択

ヤンゴンRegion政府機構の年間活動一覧によると、ヤンゴンRegionの総理大臣の指示により、新たに作成したヤンゴン市発展のMaster Plan2040では、Yankin町、北Dagon町、Tha... 記事を読む >

Thanlwin川を渡る橋を2年間で建設予定

公共事業公社傘下の橋梁建設特別計画団体5によると、Mon州Mawlamyine市とChaung Sone市を連結するThanlwin橋の建設計画が、約600億チャットを費やして2年間で完工の予定で進め... 記事を読む >

  • 2020年7月 (12)
  • 2020年6月 (12)
  • 2020年5月 (4)
  • 2020年4月 (4)
  • 2020年3月 (16)
  • 2020年2月 (20)