Information

現地記事情報配信

ph_20

【港湾】ミャンマー初のドライポートが開業

2018.12.07 | インフラ

タグ: , , , , , , , , , , ,

ヤンゴンからMandalayへ、列車でのコンテナ運送が可能なドライポートの開業式が11月11日に開催された。Resources Group Logistics社が4,900万ドル、KM Terminal & Logistics社が5,500万ドル投資し、ヤンゴンのYwarthargyi駅とMandalayのMyitnge駅で、ドライポート2ヵ所をB.O.Tシステムで開発した。運営期間は50年間で、10年間の期間延長が2回許可されている。年間土地賃料は1エーカー当たり5,500ドルである。同貨物列車は、ヤンゴン-マンダレー間で、週に1回、運行される。貨物運送料としては、ヤンゴンからMandalayの場合、貨物1トンで、1マイル当たり30チャット、Mandalayからヤンゴンの場合、貨物1トンで、1マイル当たり20チャットである。 ――NEWS WEEK, 2(69), p. 10  

関連記事

【交通】交通渋滞緩和対策として2ヶ月以内にセンサー信号システム利用を開始

Department of Engineering(Road & Bridge Building)によると、ヤンゴン市内の交通渋滞緩和対策として、2ヶ月以内にセンサー信号システムの利用を開始す... 記事を読む >

【電力】Myingyan市の225メガワット生産可能な3億ドル相当の発電所がフル始動

独立系発電事業者であるSembcorp Industries(Sembcorp)社が初段階の運転を5月に開始した、Myingyan市の天然ガス使用の発電所が、現在、全体の運転を開始している。同社は、同... 記事を読む >

【電力】GIS技術を使用したミャンマー初の電力サブプラントを建設

3月13日に、Thar Kay Ta-東Dagon市で、Gas-Insulated Switchgear(GIS)技術を使用した、ミャンマー初の電力サブプラントの建設が、完成した。全国における電力生産... 記事を読む >

  • 2019年2月 (16)
  • 2019年1月 (16)
  • 2018年12月 (16)
  • 2018年11月 (20)
  • 2018年10月 (12)
  • 2018年9月 (12)