Information

現地記事情報配信

ph_13

【不動産】ヤンゴンで、総戸数30万戸の住宅が必要とされている

2018.11.30 | インフラ

タグ: , , , , , , , , , , ,

11月2日、セドナホテルで開催された、Myanmar Construction Entrepreneurs Association(MCEA)とJapan International Building and Housing Association(JIBH)間のビジネスセミナーで、ヤンゴンRegionのPhyo Min Thein首相が、「ヤンゴンで、公務員、会社員、不法居住者等のために、総戸数約30万戸の住宅が必要とされている。」と語った。MCEAのShein Win会長は、同セミナーで、「パイロットプロジェクトとして、日本の部材や、技術を利用して、2階建ての住宅を2軒建設した。同モデルで、低価格住宅を建設していく。日本は、同住宅プロジェクトのため、1,500億チャットのツー・ステップ・ローンに合意している。」と語った。 ――MYANMAR POST, 10(44), p. A

関連記事

【不動産】Dagon港湾町の社宅建設計画を3年以内に完了予定

ヤンゴン市、Dagon港湾町、第73地区の、Shweli道路とMyanandar道路の交差点付近に、公務員向け社宅の建設を、3年間計画として実施する予定だ。ヤンゴンRegion総理大臣の言明によると、... 記事を読む >

野菜、果物や花などを輸出する初めての高級卸売市場を建設

2015年、政府と民間企業が協同で、Insein郡区のダニィンゴン区に、高級卸売市場を建設する予定だ。同卸売市場は、現在400店の乾物屋がある合計85エーカーの土地に建設され、2016年には完工の予定... 記事を読む >

【区域】外資系企業進出の土地の不足に伴い、工業団地や経済特区等を設立

12月17日、ヤンゴンのUnion of Myanmar Federation of Chambers and Commerce (UMFCCI)にて行われた、Challenges for Busin... 記事を読む >

  • 2018年12月 (4)
  • 2018年11月 (20)
  • 2018年10月 (12)
  • 2018年9月 (12)
  • 2018年8月 (16)
  • 2018年6月 (2)