Information

現地記事情報配信

ph_06

台風情報の予測が可能なレーダー3機を2014年に設置開始

2013.10.28 | インフラ

タグ: , , , , , , , , , , ,

ミャンマー全国の台風情報を正確に予測するレーダー3機が、2014年にKayukphyu市に、2015年にヤンゴン市に、そして2016年にマンダレー市に、それぞれ1機ずつ設置される。レーダーが取得した情報はネピドーにあるデータセンターに送信され、ミャンマー全国に配信される予定だ。加えて、テレビを通じて天気予報ニュースとして全国に放送される。レーダーの設置は、日本から38億4,200万円の支援を受け実施される予定だ。 ――MYANMAR POST GLOBAL, 131,p.32

関連記事

【橋梁】Sittwe市Biluma橋を2億6,000万チャットかけ建設

Yakahaing State、Sittwe市中央を走る幹線道路に、2億6,000万チャットをかけ、Biluma橋を建設する。同橋は、Sitte市開発委員会管理の元、Suthusan建設会社が建設を請... 記事を読む >

【港湾】ヤンゴン水上バスの新航路の運行により、新しい桟橋を建設

水上バス計画を落札したTint Tint Myanmar社の社長Tint Tint Lwin氏の10月6日の発言によると、10月7日より運行を開始するヤンゴン水上バスについて、新航路の運行に向け、新た... 記事を読む >

【産業】ヤンゴンナイトマーケット、来年の1月に開所

第1Pabedan選挙区のThan Naing Oo議員は、「20億チャット以上を利用して再整備しているヤンゴンナイトマーケットが、来年1月にオープンする予定である。同マーケットの整備は、A25 My... 記事を読む >

  • 2021年4月 (6)
  • 2021年3月 (3)
  • 2021年2月 (20)
  • 2021年1月 (12)
  • 2020年12月 (16)
  • 2020年11月 (16)