Information

現地記事情報配信

ph_10

【交通】高速道路沿いにソーラー充電システムの充電スタンド設置を計画

2018.01.05 | インフラ

タグ: , , , , , , , , , , ,

工業省のKo Ko Lwin事務次官によると、ヤンゴン-Mandalay高速道路沿いの47マイル、76マイル、115マイル地点及びMeikhtila高速道路沿いに、ソーラー充電システムの充電スタンドを設置する計画である。ミャンマーでは、CO2排出量を削減し大気汚染を防止する電気自動車(Electric Batterical(EB))の輸入を開始しており、将来的に国内で電気自動車の生産することを前提に、外国企業との打ち合わせや法律の作成等を行っている。 ――KUMUDRA, 7(30), p. 2

関連記事

【港湾】Sagaing Regionで港を整備

Ministry of Transport and Communications、Directorate of Water Resources and Improvement of River Sys... 記事を読む >

【区域】72億ドルのKyaukpyu深海港事業にミャンマー政府が30%投資

10月18日のWriters Newsの記事によると、Beijing Economic Developmentの幹部担当者は、ミャンマーで最も重要な72億ドルのKyaukpyu深海港事業について、中国... 記事を読む >

【区域】Pegu市内で国際的な卸売市場を2017年度中に建設

Pegu Region政権によると、同Region、Pegu市、Kali村落周辺にある、ヤンゴン–Mandalay高速道路と間道の交差点に、国際的な卸売市場であるWhole Sale Centerが、... 記事を読む >

  • 2021年4月 (6)
  • 2021年3月 (3)
  • 2021年2月 (20)
  • 2021年1月 (12)
  • 2020年12月 (16)
  • 2020年11月 (16)