Information

現地記事情報配信

ph_22

【不動産】国内のホームレス向けのアパート建築計画に640億チャットを投資

2017.05.09 | インフラ

タグ: , , , , , , , , , , ,

ヤンゴンRegion総理大臣によると、同Region政府は、長期分割払いで販売するホームレス向けのアパート建設計画に関し、640億チャットを投資する予定だ。副大統領とMIC機構事業者らの交渉会によると、同Region政府は、現政権の昨年度の支援金から、投資金を獲得した。同アパートの購入希望者には、一括払いではなく、30年ローンで販売する予定だ。同大臣によると、同アパートの建設は、4月末より開始する予定だ。Mhan Tine不動産の社長によると、同Regionでは、アパートの販売、購入などの不動産取引が盛んなため、現政権が予定している同計画が、民間建築事業に影響を及ぼす可能性はないと予想されている。同Region内には、4箇所の地区で、ホームレス向けの住宅が117,709軒あり、ホームレスは441,646人いる。 ――7 DAY NEWS, 16(7), p. 36

関連記事

【電力】Myingyan市の225メガワット生産可能な3億ドル相当の発電所がフル始動

独立系発電事業者であるSembcorp Industries(Sembcorp)社が初段階の運転を5月に開始した、Myingyan市の天然ガス使用の発電所が、現在、全体の運転を開始している。同社は、同... 記事を読む >

【橋梁】第1タンリン橋の隣に新たな斜張橋を日本と協力し建設予定

ミャンマーのMinistry of Constructionと日本が協力し、バゴー川に架かる第1タンリン橋の隣に、新たな斜張橋を建設する予定だ。既存の第1タンリン橋は、ティラワ経済特区へアクセスできる... 記事を読む >

【電力】Thilawa地区で、1,250MW電力発電プロジェクトを開始

MAPCO社のExecutive Officer Han Thaw Zay氏によると、日本とミャンマー企業が協力して、Thilawa地区で1,250MW電力発電所プロジェクトを実施する予定である。液化... 記事を読む >

  • 2020年8月 (4)
  • 2020年7月 (28)
  • 2020年6月 (12)
  • 2020年5月 (4)
  • 2020年4月 (4)
  • 2020年3月 (16)