Information

現地記事情報配信

ph_19

【交通】Thilawa–Kom Chan Koneを接続する水中トンネル計画を実施予定

2017.01.17 | インフラ

タグ: , , , , , , , , , , ,

ヤンゴンRegion政府機構、Ministry of ConstructionとDepartment of City Planning & Housing Developmentが協力し、現政権の指示に従って、Thilawa–Kom Chan Kone間を接続する、水中トンネル道路の建設計画を実施する予定だ。同課によると、Kom Chan Kone町内で新たな経済特区開発が予定されているため、ThilawaとKom Chan Koneを橋梁により地上で接続するのではなく、地下の水中トンネル道路により接続する事に決定した。現在提案されている、ヤンゴンRegionの関連地域内の川に架かる橋梁建設計画には、War Ta Yar橋梁、Thanlyin第4橋梁(Tha Nat Pin Chaung)、Dala橋梁、Kyi Myint Tine橋梁があり、それに加え、同水中トンネル道路工事計画等が予定されている。又、その他にも、高速道路が鉄道線路と交差する地点で、地下トンネル高速道路の工事も実施する予定である。 ――PYI MYANMAR, 1057, p. 7

関連記事

【交通】ATR72機まで着陸可能なFalam空港建設プロジェクトを再開

1月13日の、Ministry of Transport and Communications, the Department of Civil Aviationの情報によると、Falam郡区のSur... 記事を読む >

【IT】Mandalay Regionの通信分野発展のため、来年モバイル基地局1,727箇所へと拡大予定

軍事政権時代には、Mandalay Region内で住民にモバイル通信のサービスを提供するモバイル基地局は165箇所だけだったが、現在、ミャンマー郵電公社は、基地局を607箇所まで拡大して開設してサー... 記事を読む >

5億チャットを費やしてKalay市の2階建てバスターミナルを開発

Sikkaing管区Kalay市で9月に開始された、RC造の2階建てバスターミナルの建設工事が、2014-2015会計年度内に完了する予定である。同バスターミナルの建設を担当しているのは、Holly ... 記事を読む >

  • 2020年3月 (16)
  • 2020年2月 (20)
  • 2020年1月 (12)
  • 2019年12月 (12)
  • 2019年11月 (20)
  • 2019年10月 (12)