Information

現地記事情報配信

ph_22

【区域】ヤンゴンRegion内に新たな7市を増設する計画を開始

2016.08.22 | インフラ

タグ: , , , , , , , , , , ,

ヤンゴン市開発委員会(YCDC)のDepartment of City Planning & Land Adminによると、2040年計画をもとに、新たな7市を増設する計画を立案した。現在、議会からの許可を得た、新たなHtan Ta Pin市計画を、国連と協力して考案中で、近日中に、南西新たな市計画を実施するための準備も進行中であることが、House.com.mmウェブサイトで公表された。同計画において、給水、給電、運送等のサービスを充分に行い、環境保護や衛生面にも重点を置いて、計画を作成中である。都市と村落の開発は連動しているため、両方を同時に実施する予定だ。ヤンゴンRegion総理大臣によると、同Region内における総計45町の発展に400億チャット、同Region郊外にある12町の発展にその15%に当たる60億チャットの費用を使用する予定である。 ――POPULAR NEWS, 8(31), p. 10

関連記事

民間企業と共同でBroadband Wirelessシステム提供計画

ミャンマー通信情報技術省下の情報技術局は、Wi-Fiを利用したインターネットサービス事業の共同実施に関心がある民間企業を募集している。事業に関心のある企業は、希望の共同経営タイプおよびサービス提供を希... 記事を読む >

eYangon計画が始動

ヤンゴン管区コンピュータ技術者会の議長Min Oo氏は、eYangon計画の実施を開始したと述べた。同計画は2012年から企画されており、このほどeYangon実施委員会が結成された。同計画用にヤンゴ... 記事を読む >

ヤンゴンとMandalayにDry Portを開発予定

鉄道運輸省によると、貨物輸送の更なる発展のために、2014-2015年度、ミャンマー主要都市であるヤンゴン及びMandalayにDry Portを開発する計画である。同Dry Port開発の目的は、国... 記事を読む >

  • 2021年4月 (6)
  • 2021年3月 (3)
  • 2021年2月 (20)
  • 2021年1月 (12)
  • 2020年12月 (16)
  • 2020年11月 (16)