Information

現地記事情報配信

ph_21

【IT】現政権による100日間計画の中、モバイル通信拠点500基の建設を完成

2016.05.25 | インフラ

タグ: , , , , , , , , , , ,

現政権による100日間計画の中で、Ministry of Transport and Communicationsが担当し、ミャンマー通信分野発展のため、モバイル通信拠点500基の建設を完成させる予定だ。同省庁によると、TelenorとOoredooが通信範囲を拡大中であるが、MPTもその計画に加わる予定だ。日本企業2社と資金面で協力しているMPTが実施する同計画では、Regionと州で3Gネットワークが使用できるよう、通信拠点を建設する予定だ。100日間計画においては、同計画以外にも、通信と技術発展活動等を総理大臣に提案しているが、同計画が優先的に実施される予定だ。 ――7DAY NEWS, 15(9), p. 21

関連記事

【港湾】重さ3万トンまでの船が着港可能にするため、Sule港を整備

Myanmar Port Authority(MPA)の担当者は、「来年、ミャンマーが4百万トンの米輸出を可能にするべく、取り組んでいる活動を後押しするため、MPAとして、Sule港を総トン数が高い国... 記事を読む >

【区域】ミャンマー最大のHlaing Thar Yar工場特区を経済特区に再開発

ヤンゴンRegion総理大臣によると、Hlaing Thar Yar町にあるミャンマー最大のHlaing Thar Yar工場特区を、Thilawa経済特区と同様な形の経済特区に、再開発する。そのため... 記事を読む >

【建設】ミャンマー初の水上マーケット建設に向け、土地の大まかな測定を実施

ヤンゴンRegion、Htantabin郡区のHtantabin工業団地エリア付近とBawle Kyun島の先端に、ミャンマー初の水上マーケットを建設するため、28日に土地の大まかな測定が行われた。水... 記事を読む >

  • 2021年4月 (6)
  • 2021年3月 (3)
  • 2021年2月 (20)
  • 2021年1月 (12)
  • 2020年12月 (16)
  • 2020年11月 (16)