Information

現地記事情報配信

ph_18

地価の高騰により、外国企業がホテル業への投資に尻込み

2014.03.21 | インフラ

タグ: , , , , , , , , , , ,

ホテル営業者たちは、「ミャンマーの地価が非常に高くなっているため、外国企業がミャンマーのホテル業への投資に尻込みしている」と述べた。ミャンマーの観光産業発展のためにはさらに多くの5つ星ホテルが必要だが、現時点では5つ星ホテルの数は非常に少ない。ミャンマー投資委員会により外国企業のミャンマーホテル業への投資が許可された後、2013年にはベトナムがミャンマーでのホテル業に投資を行った。現在、外国企業はヤンゴンとマンダレーのホテル業への投資に関心を持っているが、土地を探すことが困難であるため尻込みしている。政府はヤンゴンの地価上昇問題を解決するために、1平方フィートあたりの価格を4万5千~27万5千チャットに設定した。 ――MYANMAR POST, 6(10), p. 9

関連記事

5億チャットを費やしてKalay市の2階建てバスターミナルを開発

Sikkaing管区Kalay市で9月に開始された、RC造の2階建てバスターミナルの建設工事が、2014-2015会計年度内に完了する予定である。同バスターミナルの建設を担当しているのは、Holly ... 記事を読む >

【空港】資金不足によりHantarwaddy空港計画が4年延期

政府は、資金不足によりHantarwaddy空港計画を更に4年延長し、2022年完成を目指すことを決定した。2012年の外国人旅行客の増加以降、新空港建設計画が再浮上したが、旅客のヤンゴンへのアクセス... 記事を読む >

Belu島にDeep Sea Port建設の見込み

Mon州Mawlamyine市の西側に流れるThanlwin川の対岸に位置するBelu島は、Myawlamyine市とThanlwin川で隔てられ、海沿いに面しており、天然資源も豊富なため、同島にDe... 記事を読む >

  • 2019年12月 (8)
  • 2019年11月 (20)
  • 2019年10月 (12)
  • 2019年9月 (16)
  • 2019年8月 (16)
  • 2019年7月 (12)