Information

現地記事情報配信

ph_17

【鉄道】バングラデシュ-ミャンマーを接続する鉄道工事のため、ADBがローンを貸付

2016.05.10 | インフラ

タグ: , , , , , , , , , , ,

バングラデシュの計画大臣AHM Mustafa Kamalによると、バングラデシュとミャンマーを接続する鉄道敷設工事のため、Asia Development Bank(ADB)が、ローン23億ドルの貸付をする。ミャンマーと接続する鉄道を敷設する目的は、21世紀にTrans-Asian Railway networkという、アジア全体を接続する鉄道計画が実施されるためだ。同鉄道工事は、ミャンマーとバングラデシュの国境地帯であるGhumdhum borderを経由し、Kaw Za Barまでバングラデシュが行って、そこからミャンマー側は、ミャンマー政府が建設する。特に、バングラデシュ-ミャンマー-中国の鉄道ネットワークが実現すれば、Trans-Asian Railway networkがより良くなり、アジア地域内で同鉄道を経由した運搬が便利になる。 ――PYI MYANMAR, 1021, p. 6

関連記事

【区域】3億3,000万ドルをかけ、Thilawa経済特別区拡大計画

日経Asian Reviewによると、Thilawa経済特別区にある工業団地は、ミャンマーと日本が提携し実施するプロジェクトであるが、同計画に含まれる国内企業や民間企業から、この工業団地の規模を現在の... 記事を読む >

Myeik経済地区計画の一環で2,000載貨重量トンの貨物船が寄港可能な港開発プロジェクト始動予定

Myeik Future Development Public Co., Ltdの責任者によると、Tanintharyi管区Myeik郡区Kalwin村落のKantharyar村で、Myeik経済地区... 記事を読む >

【交通】ヤンゴン-Pathein道路の大規模な改修工事が9月に完了

Ministry of Construction, Department of HighwaysのYan Naing Zaw課長は、「連邦政府の基金290億チャットで行っているヤンゴン-Pathein... 記事を読む >

  • 2021年4月 (6)
  • 2021年3月 (3)
  • 2021年2月 (20)
  • 2021年1月 (12)
  • 2020年12月 (16)
  • 2020年11月 (16)