Information

現地記事情報配信

ph_02

【道路】長さ402マイルの貿易道路をインド政府の援助を受けて敷設予定

2015.04.06 | インフラ

タグ: , , , , , , , , , , ,

建設省の副大臣Soe Tint氏によると、インドやバングラデシュとの交易にとって重要な道路となる、長さ402マイルの道路を、インド政府の援助を受けて敷設する予定である。同道路建設のための資金として、2.57億ドルが費やされる予定である。2013年8月に、インド企業であるMS IRCON社は同道路敷設に関する提案を作成していた。同道路敷設によって、国内の貨物輸送も向上でき、加えてインド及びバングラデシュだけでなく、スリランカ、タイ、中国との交易においても、主要な道路になるだろうとPhyithu Hluttawの議員Htan Lane氏(Chin州、Mindat市)は述べた。 ――MYANMAR POST, 7(12), p. 6

関連記事

【橋梁】North Okkalarpaに2車線の橋を建設予定

Yangon Regional Governmentの関係者によると、Yangon RegionのNorth Okkalarpa郡区とDagon Myoh Thit(北部)郡区を連結する吊橋の近隣に、... 記事を読む >

【産業】ヤンゴンナイトマーケット、来年の1月に開所

第1Pabedan選挙区のThan Naing Oo議員は、「20億チャット以上を利用して再整備しているヤンゴンナイトマーケットが、来年1月にオープンする予定である。同マーケットの整備は、A25 My... 記事を読む >

ミャンマー南部Maw Taung国境、8月から24時間の電力供給が可能に

電力供給計画を担当しているFoe Thee Cho社の責任者は、タインダーリ管区Myeik郡区にあるタイとミャンマーの国境ゲートMaw Taungで、8月から24時間の電力供給が可能になると述べた。M... 記事を読む >

  • 2020年3月 (16)
  • 2020年2月 (20)
  • 2020年1月 (12)
  • 2019年12月 (12)
  • 2019年11月 (20)
  • 2019年10月 (12)