*

ダイナミックレポート用の地図を作成する【QGIS】

これまでの記事で、InstantAtlasTMで作成されたダイナミックレポートのサンプルや活用事例をご紹介しましたが、実際にブラウザ上でインタラクティブに動くダイナミックレポートを体験して頂いてみた感想はいかがでしょうか?まとめ

日本の国勢調査をはじめとする政府が公表している統計データは、オンラインデータポータルサイトe-Statから簡単に誰でもダウンロードできます。こちらのサイトで取り扱っているサンプルダイナミックレポートもそう言ったデータを使用しています。総務省降水量ダウンロードデータ

いざ、体験版プログラムをダウンロードして、ダイナミックレポートを作成しよう!と思っても、見える化したいデータはダウンロードし、整っているが、地図データはどうする?と、立ち止まってしまった方も多くいるかと思います。もちろん、ご存じの方も多いかと思うんですが、さきほどのe-Statから国勢調査の統計データともにデータに合ったready-to-useの地図データ(SHPファイルなど)をダウンロードすることが可能なんです。しかし! 実際は、使いたいと思っている地図データとダウンロードしてきた地図データが異なることも多々あるのが現実です…。さらに、独自の地区(例えば、町内会範囲、郵便番号界など)で集めたデータや集約したデータを地図で見える化したいとなると、地図データの加工が必要となります。地区集約SHP

地図データとは、「GIS(geographic information systems) データ」と言われるデータセットで、専用のプログラムによって編集・管理を行います。実際には、プロに任せるのが一番なんですが、予算的に…と考える方、また自分でどうにかしたいと思うが、既製品のGISプログラムを購入するのは…と思われている方に、誰でも無償で使えるフリー&オープンソースのデスクトップGISプログラム、『QGISをご紹介したいと思います。少し前までは、「カンタムGIS」と呼ばれていたのがメジャーだったんですが、ここ最近は「キュー(Q)GIS」と呼ばれているようです。QGISは、「GNU General Public License で提供されている、ユーザーフレンドリーなオープンソースの Geographic Information System (GIS) 」(公式サイトより)です。ダウンロードしてきた町丁目地区の地図データを複数地区集約して、町内会や地域包括エリアの地図(データ)を加工することが出来ます。

QGIS_sampleQGIStrademark

ここ数年、大幅な機能拡張や機能追加が活発に行われているので、さらに使いやすく、ユーザーフレンドリーになってきました。フリー&オープンソースのGISプログラムですが、しっかりと必要なGIS機能(空間分析、地図作成、GISデータ管理ツールなど)を備えており、日本国内でも業務で利用する方も増えてきているようですし、QGISプログラムを主体としたGISワークショップを実施している研究者も見かけます。オリジナルな地図データがほしい方、地図データのカスタマイズをしてみたい方、GISプログラムにトライしてみたい方に、おすすめのプログラムです!

【記事内でご紹介したサイトへの外部リンク】
QGIS公式サイト URL:http://www.qgis.org/ja/site/
政府統計の総合窓口 e-Stat  URL:http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/eStatTopPortal.do


オリジナルの「見える化」ツールを作成してみませんか? データの「見える化」を可能にするソフト、InstanAtalsTM は30日間無料でお試し頂けます。下の画像をクリックしてください。英語の登録画面へと切り替わります。メールアドレス等の簡単なご登録後、ご登録頂いたメールアドレスにプログラムダウンロード専用のページリンク(URL)が送られてきます。

インスタントアトラスダウンロード

日本語でのサポートが必要な場合は、こちらのページ「30日間無料体験版」をご覧頂くか、もしくは弊社までお気軽にご連絡ください。

関連記事

インスタントアトラスの活用事例 『竹田市の第7期高齢者福祉計画・介護保険事業計画』

気温の上下に天候不順と不安定な気候が続いておりますが、皆様、いかがお過ごしでしょうか。 ブログ

記事を読む

ドロップダウンエクスプローラを使用してみました!

5月30日の記事「【お知らせ】InstantAtlas 6.9.2 HTMLテンプレートのご紹介」で

記事を読む

簡単にウェブ地図を作成してみました! 【その3】

こんにちは。7月に入り、七夕も過ぎ、東京ではお盆を迎えました(これがリリースされる頃には、すでにお盆

記事を読む

ダイナミックレポート(HTML5版)を印刷するには?【その2~注意点~】 

IAダイナミックレポート(HTML5版)は、Internet Explorerの場合、正しく印刷でき

記事を読む

【更新】 インスタントアトラスでおこなう『地域診断に基づく介護予防検討ワークショップ』

平成26年10月上旬、新潟市にてインスタントアトラスTMのダイナミックレポートを利活用したワ

記事を読む

インスタントアトラス上で日本語名ファイルを扱う

インスタントアトラスにて、ファイル名が日本語のファイル(地区.shp等)を扱うと、文字化けが発生して

記事を読む

様々な場面でデータの見える化を支援するInstantAtlas(TM)のご紹介(海外事例)

InstantAtalsTMは、英国、また米国、欧州、中南米、豪州において大きな信頼と実績を築き、保

記事を読む

介護保険事業でも活用されています!

いよいよ、第6期介護保険事業計画の実施期間がスタートしました。当ブログの記事でも、介護保険事業関連の

記事を読む

日本からのアクセスが500%以上UP!

先日、InstantAtlasTMの開発元のGeoWise Ltd.(UK)からの報告で、日本からの

記事を読む

統計および地図データの入手について

***各サイトよりのデータ使用上での詳細(著作権など)は、各自でご確認頂けますようお願い致します。各

記事を読む

【お知らせ】 InstantAtlas 6.10.0がリリースされました!

InstantAtlasTM Desktop プログラムの最新

ドロップダウンエクスプローラを使用してみました!

5月30日の記事「【お知らせ】InstantAtlas 6.9.2 H

【復旧済】ウェブサイト障害のおわび

2018年8月7日頃より、当インスタントアトラスブログを含む、弊社の全

→もっと見る

PAGE TOP ↑