*

ミャンマー人材紹介

圧倒的な人材収集力

当社のミャンマー人求職者データベースには、200人を超える日本語人材、専門人材が登録されております。

また、弊社の独自広告は、極めて効果的です。過去に1つの広告にて2週間で150名の応募者を収集したこともあります。

弊社データベースの一部を、こちらからご覧ください。(毎月、10名から30名程度の新規求職人材が増加しております。)

日本語人材だけでなく、IT人材、エンジニア人材、マネージャー人材が集まっております。

現地における人材の紹介手数料の詳細

これまで多くの人材提供を実施してきました

①御社の要望に添った人材情報の提供及び面談の調整(成功報酬)=8,000円/1回

②人材雇用の際の成功報酬=紹介人材の初月給与1ヶ月分の50%
(手数料は就労初日に発生)

 弊社独自の広告ページ利用料の詳細

ひとつの募集で2週間に約150名の応募者(履歴書の提供)を収集しました

・7日間1万円での安価なご提供となります。

 

*その他、雇用契約書の締結(1件2,000円)や外国法人雇用登録等も、ご希望がありましたら承ります。

(罰則が強化されております。こちらをご覧ください。)

弊社は現地情報の分析と配信を実施しております。1ヶ月間の無料配信も致しておりますので、是非現地最新情報の変遷をご覧ください。

豊富な実績

 当社は、日系企業向けのミャンマー人人材について平成23年度から平成24年度にかけて経済産業省の委託調査により研究を重ねてきました。

 そのプロセスから、日系企業の求める人材のイメージと、現地の教育制度により育成されたミャンマー人の実際、との間のギャップについて様々な知見を蓄積してきております。

 当社の人材紹介や通訳においては、それを活かし、双方に必要な考え方等をお伝えしながら、双方にとってよい縁になるようなマッチングを行えるよう心掛けております。

(備考)弊社のミャンマーでの人材調査実績
  • ミャンマーにおける技術系産業人材育成事業実施計画構築に係る調査(平成24年度)(クライアント:経済産業省。企画提案を経て落札。)
  • ミャンマーにおける産業人材育成ネットワークの形成に係る可能性調査(平成23年度)(クライアント:経済産業省。企画提案を経て落札。)

現地での通訳・ガイド料金について

 現地通訳では、日系ゼネコン企業在籍経験者や、日本在住経験のある者など、優れたコミュニケーション能力を持つ人員が厳選され派遣されます。

 当社は、本サービスを市場価格で提供しております。他の価格帯がございましたらお知らせください。

※ヤンゴン市内での車の1日の借上げは、季節にも拠りますが約8000円(税抜)程度です。

※ヤンゴン空港への弊社スタッフによる出迎えは、中心部からのタクシー往復代を含め5000円(税抜)を頂いております。

 御見積の例(税抜き)

 現地ガイド5時間(上級者)の場合:

  基本料4000円+延長料金2800円×4

 現地企業との商談2時間の通訳(上級)の前後に、ガイドが2時間(上級者)ずつ必要な場合:

  通訳基本料5000円+通訳延長料金3000円×1

   +ガイド基本料4000円+ガイド延長料金2800円×3


事前調査について(通称:ミニ調査)

これまでの進出支援調査の課題

ミャンマーでは、日本で当たり前に手に入る情報が探せないことが少なくありません(調査の不確実性)。そのため、調査の実施そのもができないことが日本よりも多くあります。

また、インフラの未整備など進出の障壁も多く存在している中で、リスクが大きければ取り止めるという選択肢を残すためには(無理の無い進出支援)、大手のコンサル会社が行う一括での御見積には問題があると考えました。

対応策は?

そこで、弊社では、進出支援調査を1万円前後の調査項目に細分化することで、クライアントのリスクを軽減しております。

saibunka

そして、細分化された各調査項目について、結果が出せるかをプレ調査(無料)により確認した上で御見積いたします。御見積もりをご承認頂いた上で、本調査を実施し報告します。調査実施後に何も情報が出なかった項目については代金を頂きません。

フロー

 これまでのミニ調査の内容の例

・提携先候補としての現地ローカル会社の探索

・他社製品の販売価格

・製品を製造するための機械や原材料の製造元の連絡先や価格

・発電機(新品や中古)の販売元や価格

・ミャンマー国籍の方と日本人の方との結婚手続き(1回の渡航で済みます)

 


 お問い合わせ

内容の詳細や御見積につきましては、右上のお問い合わせフォームやメール、電話(10時~17時半)にてお問い合わせ下さい。

■e-mail:order@doctoral.jp TEL:03-6280-3569  担当 菊池・安達 

 

PAGE TOP ↑