*

見える化支援

介護予防において、地域診断から具体的なアクションまで繋げていくことは容易ではありません。これは、多くの担当者が感じている所ではないでしょうか。具体的施策の実施に繋げるには、理論に加えてデータの「見える化」による、関係者全体での気づきや、解決に向けた意識の共有が重要と考えられます。

「見える化支援パッケージ」では、地図による周辺地域との比較や、関係者の意識の共有を支援し、PDCAのプランニングとチェックが有効かつ容易に行えるようにします。

*詳細な統計分析等はオプションで承りますので、ご相談ください。

ご利用事例 >> インスタントアトラスで、介護実態を「見える化」 


【「見える化支援パッケージ」の大まかな流れ】

mieruka01

  • データの整形・集計(基本チェックリスト、ニーズ調査など50項目程度
  • 地図(参考:介護予防WEBアトラス)への掲載(小学校区、生活圏域など)
  • 地域包括支援センター等のエリア担当者を集めたワークショップの開催(1回)

★★ 45万円~(税抜)ご提供中!! 詳細はお気軽にお問合せ下さい ★★


**内容の詳細やお見積に関しては、「お問合せ」をご覧ください**


公開日:
最終更新日:2015/08/11

252455
日常生活圏域ニーズ調査の見える化*第7期介護保険事業計画に向けて*

日常生活圏域ニーズ調査の「地図・見える化」を実施しています!

新潟WS_アイキャッチ
【更新】 インスタントアトラスでおこなう『地域診断に基づく介護予防検討ワークショップ』

平成26年10月上旬、新潟市にてインスタントアトラスTMのダイ

252455
「見える化」システムを利用したワークショップについて論文が公開されました

以前の記事『日本初の活用事例 「介護予防政策 サポートサイト」』でご紹

孤立化アイコン
イギリスにおける高齢者の孤立化問題への活用事例

イギリス最大である高齢者のためのチャリティー団体、Age UK

→もっと見る

PAGE TOP ↑