*

陸前高田市にて『保健師支援ツール』ワークショップを実施しました!

平成28年3月初旬、岩手県陸前高田市にて、InstantAtlasTMのダイナミックレポートで構築した「保健師支援ツール」を使ったワークショップを実施しました。「保健師支援ツール」は、東京大学近藤尚己准教授の支援(※)の元、岩手県陸前高田市民生部健康推進課の保健師さん向けに作られたツールです。主なツールのデザイン・仕様は、日頃から地域で活動されている保健師さんに使って頂き、地域診断や地域の話し合いや勉強会に活用できるツールと言うことでした。InstantAtlasTM構築した「保健師支援ツール」は、3年分の特定健診データを、保健師さんが活動している地区別に分け、地図や棒グラフ、時系列折れ線グラフとして見える化しています。

(※日本医療研究開発機構「データに基づき地域づくりによる介護予防対策を推進するための研究」)

この「保健師支援ツール」は、ワークショップの参加者の皆様によって自治体内の連携を高めたり、住民との連携の促進に役立てていただくことを期待されています。また、「見える化」による情報共有を重視しているのはもちろんのことですが、ツールをそのまま現場に持っていけるよう考慮されています。

市役所内にはインターネット環境があり、ウェブ上にある「保健師支援ツール」が利用できますが、役所を出て現場に出てしまうとインターネット環境が整っていない状況もあります。そのため、外部記憶メディア(CD-ROMやUSBメモリー)にこのツールを丸ごと保存し、ネット環境が無い場合でも、ウェブ上のツールと全く同じツールを活用することが出来るように配慮しました。

 

陸前高田WS01

参加者:
陸前高田市の保健師や保健指導・事業関連の自治体職員

内容:
参加者2~3名で1グループとなり、1台のパソコンに表示される「保健師支援ツール」を実際に操作していただいた。各グループが1地区について、保健師支援ツールを操作しながら健康状態や今後の課題を把握していく。事前に(弊社が)用意したワークショップ用のフォームに記入していく。地図やグラフを読み取りながら、フォームの作業を進める段階で、グループ内で情報共有や意見交換を行い、今後の改善点や対策などを考察していく。最後に、グループごとに気付いた点や改善点、対策などのまとめを発表。

目的:
データに基づく分析を行い現状を分析し、地域診断を異なった角度から行い、意見交換をする。

参加者のご感想:
★住民がみても理解できるように思った
★表やグラフで色んなデータを比べることが出来て比較しやすい
★単純に有所見者の割合の数値だけを見るのでなく、格差や男女別に着目するとデータに厚みが出て面白いと思った
★データに裏付けられることで説得力がある
★こういったツールと話し合いの場を持つことで地区と向き合うことが出来たと感じた
★保健推進員さんと地区健康教室の計画を立てる際に使えればいいなと思いました

IA担当者より:
今回のワークショップでも、InstantAtlasTMで構築した「保健師支援ツール」に対して、参加者からの好意的なご意見をたくさん頂きました! 一般のウェブページと同様にマウスでクリックしていくだけの操作ですので、短時間で馴染んで頂けるのは非常に大きな利点です。また、地図を使った見える化は、一般の方にも非常に分かりやすくなります。専門的な知識のある方には馴染みのある数値データも、一般の方に分かりやすく説明するのは、なかなか骨が折れるものです。しかし、「IAダイナミックレポートを活用した保健師支援ツール」を操作したワークショップ参加者の方々の感想からも、自治体内の連携や住民との連携に役立ちそうだという期待を感じることが出来ました。

弊社で提供している「見える化」サービスの詳細は、見える化支援ページにてご確認いただけます。また、「お問合せ」より、お気軽にお問い合せ頂けます。


 

ご自分のデータをさらに有効活用してみませんか? 地図で見るだけでなく、グラフやテーブル、地図が連動的に見えるツールを作成できるInstanAtlasTMが30日間無料で体験できます。

↓↓↓クリックしてください。開発元GeoWise Ltd.の登録ページ(英語)へジャンプします。

インスタントアトラスダウンロード

メールアドレス等の簡単なご登録後、ご登録メールアドレスにダウンロード専用ページのURLが送られてきます。日本語でのサポートが必要な場合は、本ブログページトップ、メニューにある「30日間無料体験版」をご覧頂くか、弊社までお気軽にお問い合せください(「お問合せ」をご覧ください)。

関連記事

ネスレ

栄養と健康の地図~ネスレリサーチセンター(Nestle Research Center in Switzerland)

今年度も後半に差し掛かりつつありますがいかがお過ごしでしょうか? 今回は、少し前に開発元によってリリ

記事を読む

news_komagane_icon

インスタントアトラスの活用事例(新聞記事のご紹介)

以前の記事、『インスタントアトラスで介護実態を「見える化」』でご紹介した長野県駒ケ根市にて、2014

記事を読む

データ出典:H22 国勢調査(総務省)

統計および地図データの入手について

***各サイトよりのデータ使用上での詳細(著作権など)は、各自でご確認頂けますようお願い致します。各

記事を読む

IA_Logo100

【お知らせ】 背景地図、GoogleMaps(API)のご利用が終了しました

インスタントアトラス(TM)のFlash版ダイナミックレポートで使われていたGoogleMapsのA

記事を読む

IA_Logo100

【お知らせ】 InstantAtlas 6.7.4がリリースされました!

InstantAtlasTM Desktop プログラムの最新バージョン「6.7.4」がリリ

記事を読む

まとめ2-292x300

ダイナミックレポート用の地図を作成する【QGIS】

これまでの記事で、InstantAtlasTMで作成されたダイナミックレポートのサンプルや活用事例を

記事を読む

海外事例Icon

様々な場面でデータの見える化を支援するInstantAtlas(TM)のご紹介(海外事例)

InstantAtalsTMは、英国、また米国、欧州、中南米、豪州において大きな信頼と実績を築き、保

記事を読む

IA_Logo100

30日間無料体験版をご利用のお客様への大切なご案内

【解決済み】 ご案内致しましたInternetExplorer11での閲覧で生じる問題につきまして

記事を読む

新潟WS_アイキャッチ

【更新】 インスタントアトラスでおこなう『地域診断に基づく介護予防検討ワークショップ』

平成26年10月上旬、新潟市にてインスタントアトラスTMのダイナミックレポートを利活用したワ

記事を読む

IA_Logo100

インスタントアトラス上で日本語名ファイルを扱う

インスタントアトラスにて、ファイル名が日本語のファイル(地区.shp等)を扱うと、文字化けが発生して

記事を読む

252455
日常生活圏域ニーズ調査の見える化*第7期介護保険事業計画に向けて*

日常生活圏域ニーズ調査の「地図・見える化」を実施しています!

新潟WS_アイキャッチ
【更新】 インスタントアトラスでおこなう『地域診断に基づく介護予防検討ワークショップ』

平成26年10月上旬、新潟市にてインスタントアトラスTMのダイ

252455
「見える化」システムを利用したワークショップについて論文が公開されました

以前の記事『日本初の活用事例 「介護予防政策 サポートサイト」』でご紹

孤立化アイコン
イギリスにおける高齢者の孤立化問題への活用事例

イギリス最大である高齢者のためのチャリティー団体、Age UK

→もっと見る

PAGE TOP ↑