*

インスタントアトラスとは?

インスタントアトラス は安価で、高性能なデータビジュアライゼーションと プレゼンテーションツールです。特定地域のパターンが一目でわかり、容易に調査することができるので、データの価値が高まります。電子出版、配信、そしてマッピングの経験は不要な上、プロフェッショナルな仕上げが可能です。

インスタントアトラス は、米国と英国で信頼の実績を築き、保健機関、および地域や地方公共機関で使用されています。組織内外向けに、例えば、人口統計学上のデータ、貧困統計、健康指標、経済データなどの 特別な内容のデータやトレンドを見せるプレゼンテーションに最適です。同様に保健リソースのパフォーマンスの監視や調査結果のプレゼンテーション、また情報配信のツールとしても有効です。

インスタントアトラス は、ダイナミックレポートのデザイン、 データ投入、電子出版のツールのセットで構成されています。

  • パブリッシャー(Publisher) – テンプレートと選択した地域を選ぶだけで、ダイナミックレポートを生成できます。地図データとして、ESRIとMapInfoのデジタル地図だいるをサポートしています。
  • デザイナーとスタイルシートエディタ (Designer and Stylesheet Editor) – 研究者やアナリストが作成したダイナミックレポートをウェブサイトやCDに設定、レイアウト、そしてスタイルを編集するための使いや すいデスクトップのツールです。
  • テンプレート (Template) – 既存の表示形式であり、ポイントやエリアの地図、地図の中央寄せ・拡大縮尺、またグラフやテーブル、地図、凡例間のダイナミックリンク、外部ウェブページへのホットリンク機能など、豊富に含まれています。
  • データマネージャー (Data Manager) – インスタントアトラスのスタンドアロン型ダイナミックレポートに、研究者が直接にExcelやAccessからデータ投入することを可能とするMicrosoft Officeのアドインです。

dynamic_reports


その他ご不明な点がございましたら、「お問い合せ」をご覧ください。


公開日:
最終更新日:2015/08/11

252455
日常生活圏域ニーズ調査の見える化*第7期介護保険事業計画に向けて*

日常生活圏域ニーズ調査の「地図・見える化」を実施しています!

新潟WS_アイキャッチ
【更新】 インスタントアトラスでおこなう『地域診断に基づく介護予防検討ワークショップ』

平成26年10月上旬、新潟市にてインスタントアトラスTMのダイ

252455
「見える化」システムを利用したワークショップについて論文が公開されました

以前の記事『日本初の活用事例 「介護予防政策 サポートサイト」』でご紹

孤立化アイコン
イギリスにおける高齢者の孤立化問題への活用事例

イギリス最大である高齢者のためのチャリティー団体、Age UK

→もっと見る

PAGE TOP ↑